スポンサーリンク

ネット婚活で悪い男性を見抜くにはルールズが参考になる!?

「やっと2人きりになれたね…」と微笑むストーカー

今でこそ、一般的になったネットでの出会い。

ネットで知り合った人と恋愛や結婚することが、
特に珍しいことではなくなったのは、現実での
出会いが少ない人間としては喜ばしい限りです。

けれど、用心するに越したことはありません。

そこで今回、婚活バイブル本として有名な
ルールズのオンライン・デート編を参考に、
注意するべき悪い男性像をまとめてみました。

ネット婚活する際の参考になさってくださいね。

スポンサーリンク

メールとプロフィールでわかる不適切な相手

不適切な相手に注意しなければいけない理由は、
時間を無駄にしないほかに、防犯対策を目的と
しています。

ネット婚活が珍しくなくなったとはいえ、
必要以上に傷つかないためにも、自分で
用心していないと、ほかの誰も守ってくれません。

また、花の命は短いです……

見込みのない相手を追いかけて、あなたの
貴重な時間を無駄にしないために、交際相手として、
結婚相手として不適切な男性を、最初の段階で
見極めることはとっても大切なことです。

オンライン・デート編で紹介されていた、
不適切な相手の一覧です。

①コピペメール
②プロフィールに写真がない
③メールに絵文字や写真のみ載せていて、具体的なメッセージがない
④遊び人
⑤身体目当て
⑥ストーカー気質

恋愛経験が少ないと、

真剣な出会いを求めているのか?

単なる遊び目的なのか?

メル友探しをしているだけなのか?

見分けることが難しいと思います。

正直に言って、わたしも相手のプロフィールや
メールを読んだだけで、関わらないほうがいい
相手なのか、見分けられる自信はありません。

でも、①と③は削除しても大丈夫なことはわかります !

というのは、コピペメールは、不特定多数の女性に
送るための当たり障りのない内容が多いからです。

③はそもそも、真剣に出会いを求めているのか、
疑問に感じますよね。

返事のしようがありませんので、削除しても大丈夫!

②については、メールを返信する際に、
写真を送ってもらうことが先決とのこと。

ここで、なにかと理由をつけて断られた場合、
遊び目的か、彼女がいる&既婚者である可能性が
高いので、深く関わる前に次へ行っちゃいましょう。

写真掲載は悩ましいところですよね。

知り合いに見つかったらと思うと、最初から掲載できませんし。

わたしも、できれば最初から掲載しようかと
考えているものの、田舎に住んでいるので
知り合いにバレる確立が高そうなんですよね。

あと、接客業なので、お客様が登録している可能性も……

最初から写真を載せておけば、メールをくれるのは
少なくともわたしの顔が好みという男性なわけで。

どうしたもんかなーと、踏ん切りがつきません。

注意すべきは遊び人気質とストーカー気質

ネット婚活を始めたばかりだったり、恋愛経験自体が
少ない場合、相手からのメールやプロフィールを
読んだだけでは、その相手が遊び人なのか、
粘着質タイプなのかなど見分けられません。

目安になることとして、本に書いてあったのは以下の通りです。

いきなりサイト外の連絡先や LINE の ID を聞いてくる

基本的に、婚活サイトは女性は無料でも、
男性は有料であることが多いです。

なので、やりとりを開始してすぐに、サイトを
経由しない連絡先を聞いている男性は注意が必要。

前触れもなく怒り口調のメールを送ってくる

ネットでの婚活、恋活が上手く行っていない
男性に特に多いとのこと。

そういうメールをもらったら、最初はびっくりしたり、
怖くなるかもしれません。

でも、相手にしないで即ブロック&運営会社に
通報しましょうね。

メールでケンカを始めてしまうと泥沼化するそうです。

関わらないのが吉。

お断りのメールをしたのに、何度もメールを送ってくる

メールで断ったのに、それでもメールを送ってくる相手。

粘着気質の相手と関わると、婚活自体が嫌に
なってしまいますよね……

相手を無視するのは、最初は心苦しいかもしれません。

けれど、罪悪感を持たずにサクっとブロックしちゃいましょう。

婚活疲れを起こしたら、時間を無駄にする可能性も。

あまりにもしつこく、悪質な場合は運営会社に通報して、
すべてお任せしちゃうほうが無難です。

大事なのは自分の直感

ネット婚活で知り合った男性とやりとりを
続けているとき、ちょっとでも疑問に感じたことや、
なんだか嫌な感じがしたら、あなたの直感は
正しいかもしれません。

自分を守れるのは自分だけなので、
ネット婚活をする際は、警戒心はいつでも
忘れずにいましょうね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする