スポンサーリンク

女性が用意しておきたい防災グッズ

防災グッズを揃えよう!

なにがきっかけか話の流れは忘れたんですけど、姉と防災意識に関する話をしました。

幸いなことに、わたしは今まで避難所生活を送るような事件や事故、災害に見舞われたことは一度もありません。
今後もそんな幸運に恵まれるとは思っていないので、いざというときのために、今から防災グッズを準備しようねと、姉と結論を出しました。

とはいえ、不安に駆られて闇雲に防災グッズを集めても、それを持ち出せなければ準備する意味がありませんよね。

そこで今回、女性が必要と思われる防災グッズに限定して検索し、個人的にこれは用意しておこうと思ったものをまとめてみました。
食料や水といった定番品は用意しているけれど、それ以外でなにを用意すればいいのかわからない方は、参考になさってください。

スポンサーリンク

なにはなくとも生理用品は確実に用意しておく

災害に見舞われて、住み慣れた我が家から避難所で生活することになった場合、生理の周期が乱れてしまう可能性があります。

急に生理が来ても大丈夫なように、普段から使い慣れている生理用品は、多いくらいに準備しておきましょう。
おりものシートも一緒に準備しておくと、下着の替えがないときや、水が出なくて洗濯できないときに重宝します。

数日分の着替えがあると安心

水道が止まって洗濯できない可能性のことを考えると、下着だけでも着替えを用意しておきたいところです。
その際、ブラジャーではなくブラトップのほうが、荷物を減らせていいかも。

支援物資で下着を送るときも、ブラトップだと誰にでも使えそうだなと思いました。

ウェットティッシュは万能アイテム

手を拭く以外に、身体を拭くにも重宝するとのこと。
除菌タイプでデリケートゾーンを拭くとヒリヒリしそうなので、普通のタイプもあると身体用とそれ以外とで使い分けできていいと思います。

水を使わないシャンプーも用意できると、ストレスを軽減できそうです。

マスクで埃を防ぎながら、すっぴんも隠せる

感染症の予防のほか、埃や臭いを防ぐために用意しておきたいアイテムです。

断水すると顔を満足に洗えないので、すっぴん隠しにも重宝するとのこと。

ブランケットや毛布類

防寒対策だけでなく、避難所のプライバシーを守る役割も期待できます。
あとは、敷物代わりになりますね。

備えあれば憂いなし

災害はいつ、どこで起こるかわかりません。
なので、必要以上にビクビクすることもないと思うのですが、それでも前もって準備をしておくだけでも安心できますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする