スポンサーリンク

【ルールズ】オンライン・デート編で参考になりそうなことをまとめてみた

ノートに書き込みする

ルールズのオンライン・デート編を
読み終わりました。

これを読んだからといって、今すぐに
結婚できるわけではありませんけど、
遠回りして時間や体力、気力を無駄にする
確率をグっと減らせると思います。

そこで、ネット婚活をする上で、参考に
なりそうな部分をまとめてみました。

婚活中の方だけでなく、恋愛で悩んでいる方も、
ぜひ参考になさってください。

スポンサーリンク

プロフィールに書く内容は簡潔にする

婚活サイトの多くは、年齢や血液型といった
基本情報を入力する画面があります。

ここは嘘、偽りなく事実を書いていくこと。

顔合わせしたときに、本当のことを相手に
話せばいいと思われるかもしれません。

でも、逆の立場になって考えてみてください。

もし相手の男性が、プロフィールを偽っていたら……

不信感が芽生えませんか?

ネットの世界だからこそ、慎重にしなければ
いけないのは理解できます。

だからといって、事実と異なることを
プロフィ-ルとして書くのは、個人情報を
守っているからと言えるのでしょうか?

婚活を支援するサイトの多くは、プロフィールに
空欄を作らないことを推奨していますけど、
答えたくない項目は別に空欄でもいいと思います。

嘘や偽りを書くくらいなら。

メールのやりとりだけで燃え上がらないこと

メールやLINEでは饒舌でも、実際に会うと
無口・無表情・無愛想という場合も。

初顔合わせをするまでの間、メールなどの
やりとりで相手に対する期待値を上げ過ぎたり、
気持ちを燃え上がらせないことが重要です。

期待感だけ募らせて、相手と会ったときに
ガッカリ……なんて展開は避けたいところ。

婚活サイトでの出会いは、きっかけに
過ぎないと肝に銘じておきましょう。

見込みのない相手に追いすがらない

結婚相手を探して活動するのであれば、
メル友を探しているだけの相手や、
遊び目的の相手と関わるほど時間を
無駄にすることはありません。

メールのやりとりを続けているのに、
誘う口実をさりげなく作っても、デートに
誘ってくれる様子がなければ、違う相手を
探したほうがいいようです。

好みのタイプでも、歯を食いしばって次に行きましょう。

このルールは、常に頭に置いておきたい内容です。

個人的な話は控える

知り合って間もない相手に、個人的な――しかも、
ちょっとヘビーな内容の話をするのは絶対に
やめておきましょう。

相手を困らせてしまいます。

これも、逆の立場になって考えてみましょう。

それほど親しくない相手から、ヘビーな事情を
聞かされても、返答に困りますよね ?

ずっと隠し通すわけではなく、話す相手と
時期は見極めないといけません。

自分の身を守れるのは自分だけ

初顔合わせのとき、待ち合わせはできるだけ
昼間の人が多い場所を選びましょう。

オンライン・デート編では、自分が知っている
限りの相手の情報を家族や友人に伝えておいて、
出かける時間や待ち合わせ場所などもきっちり
知らせた上で、出かけることを推奨してました。

・初対面の相手の車には、絶対に乗らないこと
・自宅に招かれても、お邪魔しないこと
・カラオケなど、個室になる場所に行かないこと
・信頼できると確信できるまで、自宅を知られないこと

以上のことは、頭に入れておきます。

相手がどういう人間なのかわからない以上、
慎重すぎるくらいの警戒心を持つことが大事ですね。

さいごに

ネット婚活を始めるにあたって、婚活バイブル本の
ルールズを手に入れましたが、心構えはできたように
感じます。

ただ、ルールズを読んだからといって、すぐに
相手が見つかるわけではないので、今後の自分
次第といったところですね。

まだ一度しか読んでいないので、これから先、
何度も読み返しては頭に叩き込んでみます。

もし読み返していくたびに、これは追加したほうが
いいかなと思ったルールがあれば、記事にも追記して
いきますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする