スポンサーリンク

【 Windows 7 】スクリーンショットの使い方を覚えた【ノートパソコン】

パソコンを触る子供の手

ノートパソコンで記事の更新をしている割に、パソコンには詳しくありません。

今後のブログ運営を考えると、スクリーンショットくらいは使えるようになりたい。
そう考えるようになったものの、肝心のキーがどこにあるのか、わかりませんでした。

そこで、グーグル先生の登場です。

現在、使用中のノートパソコン(東芝ダイナブック)の説明書を求め、検索開始。
調べてみると、キーボード右上に並ぶキーの一番左端がスクリーンショットでした。

スポンサーリンク

気になるキーを調べてみた

さっそくスクリーンショットを試してみました。
以下の画像がそうです。

キーボード

左端の『 PRTSCSYSRQ 』と書いてあるキーが、スクリーンショット。

ところで、『 PRTSCSYSRQ 』って、なんて読むんですかね ?
読み方も検索しましたよ。

どうやら『 PRTSC 』と『 SYSRQ 』が 2 行に分かれていたようです。
『 PRTSC 』は、PrintScreen(プリントスクリーン)の略。
『 SYSRQ 』は、SystemRequest(システムリクエスト)の略です。

『 PRTSC 』が画面全体を写し取るのに対して、『 SYSRQ 』はアクティブになっているウインドウだけをコピーしてくれます。

そして、押しても反応がない『 PauseBreak (ポーズブレーク』キー。

こちらのキーは、実行中のプログラムを中断したり、処理を強制終了させるために使用するキーとのこと。
昔の名残らしく、現在のウインドウズではほとんど使われることはないようです。

でも、この『 PauseBreak 』と、キーボード左下にあるウインドウズのマークを同時に押すと、パソコンのスペックを確認できるんですって !!
さっそく試してみましたよ。

パソコンスペック

こんな感じで、システムのプロパティ画面が立ち上がりました。

『 Ins 』はInsert(インサート)の略で、挿入という意味。
テキスト編集などで文字を打ち込む際に、もともとある文字に上書きするか、その間に挿入するかを切り替えるときに使用します。

隣にあるデリートキーを押すとき、よく間違えて『 Ins 』を押してしまいます。
で、直せなくて最初は焦りました……

最後は『 DEL 』キー。
こちらは調べなくてもわかりますよー。
デリートキーです !!

名前の通り、文字を消すキーです。
バックスペースキーも同じ役割を果たします。

パソコンは奥が深い

今まで、なんとなく使っていたパソコン。
調べてみると、奥が深い道具なんだなーと感じました。
ただネットで検索したり、記事の下書きに使うだけではもったいないかも。

キーボードを見たら、触ったことのないキーがまだまだあります。
触ったことのないプログラムも。

パソコンのリカバリーディスクやバックアップを取った上で、いろいろ触ってみようと思います。
壊さない程度に。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする