スポンサーリンク

瞑想でいい気分に浸る

座禅をすることで色々な思考が頭を駆け巡る
スポンサーリンク

簡単にいい気分になれる方法

引き寄せの法則を上手に活用するには、できる限り『いい気分』を長く保つことが肝だということはわかりました。

この『いい気分』は人によって定義が違ってくると思いますが、例として以下に挙げていきます。

あくまでわたしの思う『いい気分』なので、こうならないとダメってことではないですよー。

○心に余裕がある

○余裕があるから人に対して寛容になれる

○特別なことはなにもないのになんか楽しい

○肩の力が抜けている

文字に書いてみると簡単に見えますが、普通に生活しながら人と関わりを持っていると常にいい気分でいるのは難しいです。

特にわたし、接客業なので時々アレなお客様に当たることもあって、そんな時はいい気分にはとてもじゃないけどなれません・・・

仕事中は仕方ないとして、家にいる時にできることで『いい気分』になれる方法はないかなーと調べている時に瞑想を見つけたのです。

正しいやり方は改めて調べるとして、物は試しと出勤前に3分間だけ瞑想にチャレンジしてみました!

3分だけというのに特に深い意味はありません。

初めて行うので長くやっても集中できないだろうなと思ったので、短い時間に設定してみました。

瞑想初心者は3分でも長い

人生初の瞑想を行った感想ですが・・・心を無にして今に集中するというのは思った以上に難しかったです。

たったの3分という短い時間ですら、頭の中でお喋りが止まらないのです!

もう、びっくりするくらい次から次へと雑念が沸いて出て、ちっとも意識に集中できませんでした。

しかし長時間の瞑想に慣れたら、きっと気持ちがいいんだろうなと思います。3分だけではありますが、目を閉じて情報をシャットダウンしただけでも脳内が軽くなった気がしました。

あくまで自分比なので証明のしようもなく非常に申し訳ないんですけど・・・というか、ちょっと単純すぎるかな自分と思ったりもして。

もう少しちゃんと瞑想をできるようになりたいので、初心者でも無理なく続けられそうな瞑想のやり方を調べてみます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする