スポンサーリンク

健康診断まで 1 ヶ月 悪あがきをしてみる

ウエストを測る女性5

新年度を迎えると、やってくるのが健康診断。
わたしの勤める職場では、フルタイムで勤務するスタッフも健康診断を受けられます。

健康診断が近くなると、体重を気にする女性スタッフがちらほら。
わたしもその 1 人でして、周囲にはナイショで、身体を絞る準備を始めています。
体重を落とすというより、お腹ぽっこりが大変なことになっているんですよー !!

ブログに書くことで、自分にプレッシャーを与えたいと思います。

スポンサーリンク

現状の把握

闇雲にダイエットを始めても、挫折するのがオチ。
そこでまずは、現状を把握するところから始め、目標を決めていきます。

身長だけでなく、体重も公開するのは、サボれなくするためです……
えぇ、このくらいのことをしないと、絶対に途中で諦めると思うのですよ。

【現在の数字】
身長: 158 センチ
体重: 52 キロ
おへそ周り: 82 センチ

下腹部がちょっとぽっこりしているなーと感じてましたけど、お腹周りが大変なことになってますね。
目を逸らしていた事実を突きつけられましたよ……
便秘のせい……じゃないですよね、やっぱり。

健康診断のメタボチェックでは、ウエストではなく、おへそ周りを測定します。
女性の場合、おへそ周りが 90 センチを超えてしまうと、メタボ確定です。
なので、体重よりも下腹部を引き締めることが重要と考えました。

体重は去年と変わらないのになー。
やっぱり年齢を重ねると共に、代謝が落ちている証拠ですね……
いろいろと重力に勝てなくなっています。
筋トレ、大事。

現状把握ができたところで、目標設定ですね。

お腹周りの脂肪がまったくない状態をイメージして、全力で下腹部を凹ませた数字は、約 77 センチ。
骨盤や骨格の関係で、これ以上は細くなりませんでした。

今からマイナス 5 センチかー……
ライザップにでも通わない限り、健康診断まで 1 ヶ月ですよね。
そこまで引き締められるでしょうか ??

まずはオーソドックスに食生活の見直し

目標が決まったところで、なにをするかですよね。
で、今すぐに実行できるのが食生活の見直し。

とはいっても、極端にバランスの欠いた食生活はしていません。
遅番が多いシフトなので、帰宅してからもなるべく食べないようにしてますし。
どうしてもお腹が減って我慢できないときは、消化の早いものをチョイスしてます。

まずは、間食をやめます。
チョコもスナック菓子も禁止 !!
ただし、職場でお裾分けされた場合のみ、食べても OK にしておきます。
自分 1 人で食べるために、お菓子を買うのはダメ、絶対 !!

①空腹を感じたら、まずはノンカフェインのお茶を飲む
消化している最中に胃は収縮するんですが、それを脳が空腹と勘違いするそうです。
ここで食べ物をつまんでしまうと、あっと言う間にカロリーオーバー。
それを防ぐために、まずはお茶を飲んで様子見します。

②お茶を飲んでも空腹を感じたら、ホットの豆乳ココアを飲む
牛乳より豆乳のほうがヘルシーだし、腹持ちがいいように感じるからです。
豆乳そのままより、ココアを入れて飲みやすくします。
ホットにする理由は、身体を冷やさないため。

③それでも間食したくなったら我慢しない
そこまでやっても間食したくなったら、ナッツやドライフルーツ、低カロリーのもので腹持ちがいいものを、我慢しないで食べるようにします。
ストレスはダイエットの大敵ですから。
チョイスするものを間違えなければ、間食は問題ないはず。

即効性を期待できなくても、軽いストレッチや運動をやってみる

昔から運動は苦手で、できれば楽して痩せたいと願うズボラーなわたし。
お風呂上がりや寝る前にできる、軽めのストレッチや運動はないかなと調べてみると、ズボラーでも続けられそうな運動を見つけました。

それは常に下腹部を引っ込めること

こちらのブログを参考にさせていただきました。

【あなたが痩せないのは、ダイエット成功の秘訣を知らないだけです!】
下腹ポッコリを簡単に引き締める|これだけで翌日は腹筋が痛くなる!

実際に試してみると、下腹部を引っ込ませることが難しいです。
自分が思う以上に、腹筋に力が入りません。
昔はもうちょっと凹ませられたはずなんですけど。

まさか、ここまで腹筋が衰えていようとは……

加齢、恐ろしい子……っ

早ければ 2 週間から 3 週間ほどで、下腹部の引き締まりを実感できるそう。
ゴールが見えないのは、モチベーションの低下にも繋がりますからね。
それに、毎日ではなく 1 日置きに行うのも、ズボラーなわたしにはピッタリかも。

健康診断まで約 1 ヶ月。
ギリギリですね。真剣に取り組まないと。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする