なんだか気分が優れない…… それって 6 月病かも

前日のお別れメールを何度も見直す女性 美容・健康
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

良い記事ネタはないかなーと、速報系のサイトを見ていたときに『 6 月病』という言葉を見つけました。
最初は『 5 月病』の間違いかなと思ったのですが、調べてみると、ここ最近になって増えてきているそうです。

初めて知りました……
6 月病についてまとめましたので、参考までにどうぞ。

スポンサーリンク

どんな症状があるの ?

肉体面、精神面に症状が出てきます。
あなたは大丈夫ですか ?

<肉体面の不調>

・便秘、下痢、腹痛が起こる
・めまいがする
・吐き気が起こる
・だるい、体が重い
・睡眠障害
・朝、起きるのがつらい
・食欲不振

などなど。

<精神面の不調>

・気持ちが落ち込む
・イライラする
・やる気が出ない
・判断力や思考力が低下する
・興味があったことが楽しいと思えなくなる

などなど。

上記の症状が続いていたら、かかりつけの病院へ行き、相談してみましょう。
放置すると、うつ病に移行する可能性があります。

6 月病と 5 月病の違い

症状だけを見れば、どちらも違いはないように感じました。
違いを調べてみると、なりやすい人のようです。

5 月病になりやすい人
・新入学生、新社会人など年齢が若い人
・ゴールデンウィーク明けに陥ることが多い
・新しい環境に適応できないことが原因

6 月病になりやすい人
・環境の変わった社会人歴の長い人
・ 5 月の終わりから 6 月にかけて陥ることが多い
・異動、転勤、転職といった環境の変化が原因

どちらも、新しい環境に適応できないことに起因する、精神的な症状を指します。
5 月病も 6 月病も、正式名称ではなく、医学的には『適応障害』または『うつ病』と診断されるようです。

梅雨の時期と重なることで、肉体的な疲労にメンタルの不調も出てしまうのですね。
確かに、日光を浴びないと気分が滅入ってきます……

6 月病にならないための予防策はあるの ?

原因がわかれば、あとは予防するのみ。
オーソドックスな内容ばかりです。

①適度な運動
ジョギングやウォーキングといった、軽めの有酸素運動を行うと、幸せホルモンこと、セロトニンが分泌されます。
リズミカルに身体を動かしましょう !

②オン・オフを切り替える
休むときは、しっかり休む。
この切り替えが大事になってきます。
休日などで家にいるとき、仕事のことでアレコレ考えるのはやめましょう。

③バランスの良い食事
何事もバランスの良い食事は大事です。
良質なたんぱく質を取ることで、セロトニンも分泌されますよ。

④夜更かしは控える
仕事をしていると難しいかもしれませんが、日づけが変わる前には布団へ入れるといいですね。
自分に合った睡眠時間は確保することが大事です。
早寝早起きを心がけて、体内リズムを整えておきましょう。

まとめ

5 月病も 6 月病も、なりやすい人は環境が変わったばかりの人。

予防するには、

・軽い運動を行う
・休めるときにしっかり休む
・バランスの良い食事
・早寝、早起き

まとめてみると、環境が変わっても変わる前の生活を維持することが大事なのかな、と思いました。

もし、肉体的にも精神的にも不調を感じている場合は、早めに病院へ行きましょう。

スポンサーリンク
美容・健康
スポンサーリンク
かおりをフォローする
えぶりでいはっぴねす.com