初めての1人暮らし 期待と不安

前日のお別れメールを何度も見直す女性暮らし
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

4年ほど同居していた姉が、転職を機に家を出ることになりました。

今日から、完全なる1人暮らし。
1人の生活に慣れるまで、寂しくなるなーと思う一方、ワクワクしています。
誰かに気兼ねすることなく、好きに過ごせるようになることは、1人暮らしのメリットでもありますが、不安がまったくないわけではありません。

今日から1人暮らしを始めるわたしが、不安に感じていること。
その解消法はないか、調べてみたことをシェアします。

自分の収入だけで生活できるか不安

初めて1人暮らしをする人は、いろいろなことで不安を感じると思います。
主な不安は、お金の問題。

『果たして、自分の収入だけで生活できるんだろうか……』

この不安は、わたし自身も感じていることです。

現在、非正規雇用で働いており、手取り 14 万の収入を得ています。
社会保険と厚生年金には加入しているものの、不安定な立場。
がんばり次第で、正社員雇用も夢ではありませんが、仲のいい社員の話を聞くと、収入アップは微々たる金額かと思われます。
ボーナスも子供おこづかい程度と聞いたので、ボーナス貯金は期待できません。

職場の人間関係がいいため、今すぐの転職は考えていないんですよね。
秋頃に産休に入るスタッフがいるので、今より人手も足りなくなりますし。

どうしても生活が厳しいようであれば、安い家賃の賃貸に引っ越し。
そもそも姉と暮らすから 2LDK の賃貸ですけど、1人ならもう少し狭くてもいいです。ただ、引っ越し費用を貯めることも難しいようなら、会社に内緒で副業ですね。

万が一のときに不安

実家暮らしであれば、病気や怪我で動けないときも助けてもらえます。
でも、1人暮らしだったら、体調が悪くても自分でどうにかしないといけません。

わたしが万が一のときで不安に思うことは、病気や怪我などで救急車も呼べないとき。
無事に呼べても、ドアを開けられないと思うんですよ。
誰でもそうだと思いますが、自宅にいるときは基本、チェーンロックをかけますよね?
どうにか救急車を呼んだとしても、ドアを開けられなかったら助けてもらえません。
30 歳を過ぎたからこそ、突然の病気や怪我に対して不安を感じます。

知恵袋で、わたしが不安に思っていることを質問されている方がいました。

ベストアンサーに選ばれた方は、現役の救急隊員でした。
以下、回答を引用させていただきますね。

 

人命に緊急性がある場合はレスキュー隊を応援に呼んで,ドアを壊す場合もあります。

緊急性があまり無い場合は,警察を呼んで,立会いの下で,ドアを破壊する場合もあります。

開けっぱなしの件ですが,おそらく開けたままの状態になってしまうと思いますが,近所の方や警察などにお願いする場合もあります。

引用:一人暮らしが救急車を呼んだ場合、鍵がかかっていたらどうなるのですか?

 

人命第一なので、どうにかこうにか対応してくれるようです。
ちょっと安心しました。
ただ、わたしに意識があって、自力で救急車を呼べる状態に限りますけど……

家族との連絡は、密に取っておいたほうが良さそうですね。

1人暮らしの寂しさに耐えられるか不安

わたしの両親は数年前に離婚していて、それがきっかけで家族はバラバラ。
4年前までは父と姉とわたしの3人で暮らしていたものの、父が新しい生活を始めると言ったため、姉と暮らすことになりました。

そのときは確かに、寂しさは感じましたね。
大人5人、子供2人の7人家族で、とても賑やわっていた家の中が、人が少なくなったことで静まり返ってましたし……
でも、意外とすぐに慣れちゃいました。

というのも、わたし自身、騒がしいのが好きではないから。
若干の寂しさを感じつつも、静かな家の心地よさが勝ってしまったのです。
きっと今回も、姉が家を出て寂しく感じると思うんですが、すぐに1人の生活に慣れてしまうことでしょう。

なので、1人暮らしの寂しさに耐えられないかもしれないと、今は不安に感じていても大丈夫ですよ。
仕事や学校で忙しくなったら、寂しさを感じる暇もありません。

さいごに

実家暮らしをしているときから、炊事洗濯といった家事は行っていたため、その辺りの不安は一切ありません。
わたしの性格上、1人暮らしの寂しさも、すぐに快適さが上書きしてくれる。

なによりも心配で不安なのは、金銭面と万が一の病気や怪我ですね。

無理をしない程度に削れるところはどんどん削り、不要なものはすぐ手放す。
断捨離がはかどりそうです。

1人暮らしの心地よさに慣れすぎて、ますます独身生活を謳歌しちゃう可能性がなきにしもあらずなので、婚活は続けていかないとなーと思いました。

スポンサーリンク
暮らし
スポンサーリンク
かおりをフォローする
えぶりでいはっぴねす.com