スポンサーリンク

1人暮らしの光熱費を公開

家計

7月分の水道、電気、ガスの請求書が来ました。

リアルな請求書の画像もアップしちゃいます!
姉がいた頃の分も含まれているため、1人暮らしにかかる実際の光熱費は未定ですが、参考までにどうぞ。

スポンサーリンク

まずは水道代から

以下の画像が、6月~7月分の請求書です。

水道代

請求金額は 11,437 円でした。

先月の 26 日から1人暮らしになったため、劇的に安くなった印象はありません。
個人的に、もうちょっと安くなるかなーと思っていただけに、この金額は残念でした。

使用していた期間は、5月9日~7月 10 日までの約2ヶ月間。
1ヶ月分に換算すると、約 5,718 円(小数点以下は切り捨て)です。

住んでいる地域によって水道代は変わってくるんですが、それでも1人暮らしの平均は2ヶ月で 3,000 円くらいとのこと。
ちょっと高いですね……

ちなみに、前回の請求金額は 14,318 円。
約 3,000 円ほど安くなってますが、誤差の範囲ですかねー。

水道代を節約するためにやったこと

まず、洗濯する回数を減らすところから挑戦してみました。

姉と住んでいた頃、姉が毎日のように部屋着や仕事で来ていた制服、バスタオルを洗濯していたため、わたしも便乗してタオル類を出していたんです。

わたし1人ですと、洗濯物がとにかく少ない。

なのに毎日、洗濯していたら水道代がもったいないと思い、2日~3日に一度の頻度で洗濯することにしました。
結果はあまり変わらなかったんですけど……

湯船にお湯を張るのも洗濯する日だけにして、あとはシャワーで入浴を済ませていたんですけどねー。
シャワーも出しっぱなしにしないで、使うときだけ出すようにしていましたが、節水の効果は感じられませんでした。

続いて電気代

6月9日~7月9日まで使用した、電気代です。

電気代

請求金額は 5,151 円。

こちらも思っていたより、安くなかった印象です。
先月の請求金額が 5,591 円なので、1人でもほとんど変わりません。

気になる番組以外はテレビをつけなくなりましたし、電気をつけている時間も減ってはいるはずなんですけど……
パソコンを使うようになったからかな??

ちなみに、契約電流は 20 アンペアです。

電気代を節約するためにやったこと

姉がいる間、電気ポットを常用してました。

でも、わたしはそこまでお湯を使うことがなく、ちょっとお湯の温度が下がっただけで再沸騰されてしまうため、お湯が必要なとき以外は、ポットの電源を切ることに。
ただし、この使い方ですと、かえって電気を消費しちゃいます。

なので電気を使わない保温ポットや、ティファールなどの電気ケトルに切り替えようと思います。
わたしがお湯を使うのは、どくだみ茶を煮出すためと、知覚過敏なので歯みがきで口をゆすぐときだけなんですよねー。

カップ麺も職場で食べる以外では、買わなくなりましたし。

エアコンという文明利器はないものの、連日の猛暑で扇風機とサーキュレーターが活躍しているため、電気代が思ったより安くならないのは、そのせいかもしれません。

冷蔵庫も両親が置いていったファミリータイプを使っているので、コンパクトタイプに買い換えることも検討してみます。

最後にガス代

ガス代は優秀です!

ガス代

請求金額は 5,748 円。

先月の請求金額は 9,006 円なので、だいぶ安くなりましたよね。
節約した効果が目に見えてわかります!
う、嬉しい~。

やっぱりお風呂でガスを消費していたんですね……
今の時期ですと、お風呂の設定温度を下げても、まったく問題ありません。

9月下旬くらいまで、設定温度は下げたまま使っていこうと思います。

ガス代を節約するためにやったこと

お風呂の入り方を変えました。

洗濯する日以外は、シャワーのみ。
キッチンタイマーなどで時間管理はしてませんが、できるだけ 10 分以内にシャワーを使い終わるよう、こまめに止めていました。

湯船には毎日浸かりたい派だったけど、シャワーだけでも問題なかったです。

節約のために我慢している気は、まったくありません。
むしろ、遅番で 20 時過ぎに帰ってきてから、お湯張りするのが面倒なくらい。

節水シャワーヘッドを使うようにすれば、より効果的かもしれません。

この方法の難点は、夏場にしか通用しないこと。
というのは、北海道の冬は厳しく、わたし自身が寒がりだからです。
今は温度を低く設定し、シャワーだけで済ませることができたとしても、冬になったら肩までお湯に浸かりたくなるかもしれません。

そうなると、水道代とガス代は今より跳ね上がりますね……

がんばり次第で安くなるのが嬉しい

家族と同居していると、節約に協力してもらえないことも。
でも1人暮らしなら、自分の努力次第で光熱費は安くできるんですよね。

モチベーションが上がるなーと、ワクテカしてるんですが、実は……

姉が戻ってくることになりました。

夢の1人暮らしは、わずか3週間で終わりを告げたのです。

ただ、できるだけ光熱費の節約には、協力してもらおうかなと思ってます。
家主はわたしなので。

文句があるなら、荷物をまとめて実家へ帰れ

亭主関白風に、強気で行きますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする