スポンサーリンク

コミックレンタルと電子マンガはオタクを救う?

カフェで読書

今も、昔もマンガが大好き。
少女マンガから少年マンガまで、幅広く読んでいます。

ですが、今のマンションに引っ越してくる前、これまでに住んでいた家より狭く、保管場所がネックでした。
コレクションしていたマンガの大半を手放すことに。
手元に残したのは、すでに完結済みで、何度も読み返したいマンガのみ。

それ以外のマンガはすべて手放し、続きが気になる作品は、マンガ喫茶で読めばいいと自分を納得させたんです。

しかし、ここで誤算がありました。

その誤算とは、続きが気になるマンガはあるのに、わざわざマンガ喫茶に行って読んでこようと思わなかったことです。

休みは家でゴロゴロしたいという欲求に勝てませんでした……

そんな自堕落オタクを、コミックレンタルと電子マンガが救ってくれそうなのです!

スポンサーリンク

何度も読み返す作品は意外と少ない

天井にまで届く本棚いっぱいにマンガを集めていた頃、確かに大好きで続きも読みたいマンガばかりだったんですが、読み返していたかと聞かれると疑問です。

連載中のマンガは基本、雑誌でも読んでいたので、新刊が出るたびに購入していたのはコレクション目的だったんだなーと、今ならわかります。
意味もなく、初版本にこだわってました。

そうやって新刊を買っていたものの、読んだのは買ってきた直後のみ。

あとは数ヶ月に一度、読み返す程度で基本的に放置でしたね……
お金も場所も、もったいないことをしてました。

昔を思い出すと、何度も読み返した作品は、片手で足りるくらいです。

コミックレンタルと電子マンガのメリットとデメリット

コミックレンタルと電子マンガの、メリットやデメリットを調べてみました。
デメリットをデメリットに感じないのは、個人差があると思います。

コミックレンタルと電子マンガのメリット
・冊数が増えても、場所を取らない
・新品を購入するより、安い費用

コミックレンタルと電子マンガのデメリット
・レンタルの場合、返却期限があるので内容が頭に入らないこともある
・借りたい作品の在庫がなければ借りられない(電子マンガレンタルは別)
・中古の概念がないので、売ることができない
・他人に貸せない
・目や肩が疲れる

コミックレンタルや電子マンガの最大の恩恵は、スペースを取らないこと。
これに尽きると思いました。

デメリットに関しても、眼精疲労と肩こりに気をつけるだけで、個人的にデメリットに成り得ないかなと感じています。

オタクでも断捨離はできる

お気に入りのマンガを手放すとき、本当に断腸の思いでした。
いくらマンガ喫茶で読めばいいと自分を納得させても、新刊の発売日に本屋さんで傷やヨレのない美本を探すのが楽しかったからです。

でも、何度も『本当に必要? 毎日欠かさず読み返す?』と自分に問いかけ続け、ただ場所を占領しているだけだと気づいたら、手放すことに抵抗はなくなりました。

無理は禁物ですけど、マンガに限らず趣味のものは、手放そうと思えば手放せますよ!

すっきり片づいた部屋は本当に居心地が良くて、とても快適です。

紙触媒でないと絶対に嫌だという、強いこだわりがなければ、コミックレンタルや電子マンガを取り入れてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする