スポンサーリンク

ケフラン『オリジナルケフィア』完成!

ヨーグルト04

26 日に種菌を入れたケフィアの発酵が終わりました。
やっぱり 24 時間は長いですね……

発酵が進むのはありがたい季節ですが、室温が高いときに、牛乳を置きっぱなしにするのは勇気がいりました。
中を確認しても、ひとまず異常はなさそうなので、無事にケフィアの完成です!

スポンサーリンク

見た目は牛乳寒天?

出来上がったケフィアの画像です。

ケフィア完成 1

この角度だとよくわからないかもしれませんが、しっかり固まっています。
牛乳パックを傾けても、中のケフィアは零れません。
パッと見た感じ、プレーンヨーグルトと変わらないですね。

スプーンで軽く突いてみると、プルプルしていて牛乳寒天みたい。

とても美味しそうです。

ケフィア完成 2

表面はプルプルで、しっかり固まっているように見えたケフィアですけど、スプーンですくってみると、トロトロでした。

プレーンヨーグルトよりも、柔らかい仕上がりです。

乳清(ホエイ)の量が多い印象。
実際のケフィア部分は少ないんじゃないかしら……

ケフィア完成 3

器に盛ると、その柔らかさが際立っています。
スプーンでかき混ぜなくても、このような状態になりました。

初めてのケフィア そのお味は?

口に入れる前に、匂いを確認しましたが、気になる匂いはありませんでした。

味も、危険な感じのする酸味はなく、どちらかと言えばまろやか。
酸味自体、ないのかもしれません。
ヨーグルト特有の酸味が苦手なわたしとしては、このまろやかさは好きな部類。

とても食べやすいです。

プレーンのままでも、ほのかに甘みを感じられるので、ヨーグルト専用のソースは必要ないかも?
今回は1口だけプレーンで食べたあとにハチミツをかけてみたんですが、それほど量をかけてなくても甘さが倍増しました。

甘いのが苦手は方は、プレーンのままで食べるか、ハチミツやヨーグルトソースの量を控えめにしたほうが無難です。

ちょっとずつ食べながら、量を調整する必要がありそうですね。

味に癖はまったくないので、ヨーグルトの酸味が苦手な人にオススメしたいです。

柔らかすぎるところが難点?

スプーンですくうまでは、しっかり固めに感じました。
でも、器に盛るとすぐに崩れたため、ケフィアは水分が多い食べ物のようです。

発酵が足りなかった可能性もあるので、次はもう少し長めの発酵時間にしてみます。

どうしても固さが欲しい場合は、水切りヨーグルトのように、余分な乳清(ホエイ)を取り除いてみるのもいいかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする