スポンサーリンク

手軽に作れる『冷やし納豆おろしそば』

冷やし納豆おろしそば 5

気温が高くなると、家でガスを使うのが嫌になりませんか?

我が家は特に、エアコンという文明利器がないので、猛暑日のご飯作りは億劫に。
でも、食べないわけにはいきません。
コンビニ弁当や外食は割高なので、できるだけ控えたいところ。

真夏日はよく、ガスを使う時間を短縮できる、『冷やし納豆おろしそば』を作ります。

作り方は料理が苦手な人でも失敗することなく作れるほど簡単ですし、用意する食材もそばと納豆と大根、味つけ用のめんつゆに薬味と少なめ。

今回は、手軽に作れる『冷やし納豆おろしそば』のレシピをご紹介します。
夏休み中のお昼ご飯に悩んだときや、普通のそばに飽きたときにもオススメですよ。

スポンサーリンク

『冷やし納豆おろしそば』の作り方

覚え書きですが、レシピは以下の通りです。

【材料】

・そば……1人前(乾麺でも、ゆでたものでも可)
・大根……お好みの長さ
・納豆……1パック(お好みの種類)
・ねぎ……お好みの量
・めんつゆ……お好みの量
・刻みねぎ……なくても可

※納豆に刻んだオクラを混ぜると、ボリュームも出て美味しくなるかも

【作り方】

①お湯を沸かす
※ゆでたそばを使う場合は、電気ケトルや電気ポットのお湯でほぐしておく

②お湯が沸くまでの間に、大根おろしを作っておく

③普段通りに納豆を混ぜておく(からしやタレも使う)

④お湯が沸いたら、時間通りにそばを茹でる

⑤そばが茹で上がったら、冷水でしめておく
※ゆでそばをお湯でほぐしている場合も冷水でしめる

⑥器に盛りつけて完成(盛りつけの順番はお好みで)

盛りつけ例を画像で紹介

器に盛りつける順番に決まりはなく、お好きなように盛っていただいて構いません。
というのは、食べるときに混ぜちゃうからです。

見た目も楽しみたいという方向けに、わたしが食べるときの盛りつけ方を、画像つきでご紹介します。

冷やし納豆おろしそば 1

まず、茹で上がったそばを冷水でしめたもの。

冷やし納豆おろしそば 2

納豆を先に投入!

そばと同化しちゃうので、大根おろしが先でもいいかもしれません。
わたしも、納豆と大根おろしの順番には、いつも悩みます。
最終的には混ぜちゃうのに。

冷やし納豆おろしそば 3

大根おろしの量が多くて、納豆が埋もれてしまってますね……
やっぱり、大根おろしが先のほうが見栄えはいいかも?

冷やし納豆おろしそば 4

薬味のねぎはたっぷりと。
ねぎはごく普通の長ねぎでもいいですし、画像のような小ねぎでも大丈夫です。
個人的に、納豆には小ねぎを使いたい派です。

冷やし納豆おろしそば 5

めんつゆもたっぷりめで。
大根おろしの水分で、味が薄くなってしまうのです。

以上、我が家の『冷やし納豆おろしそば』の作り方でした。

ちょっとご飯を作る気力がないなーというとき、手軽にパパッと作れちゃいますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする