スポンサーリンク

初めての飛行機 超初心者が出発前の準備したこと

ヒースロー空港のロビー

今月、仕事で新潟へ行くことになりました。

社会人生活、初めての出張。
ただのパートなのになーという気持ちがあって、最初は断ったものの、直属の上司と、そのまた上の上司から直々に指名を受けてしまった次第です、

北海道から新潟へは、当然のことながら飛行機を使います。
ですが、飛行機に乗ったのは、高校の修学旅行以来。

不安しかない中、スムーズに搭乗できるよう、今からできることをまとめてみました。

スポンサーリンク

持ち込み可能な荷物の確認

チケットなどは、すべて会社が用意してくれます。
なので、当日わたしがすることは、チェックインカウンターで手続きして荷物を預け、保安検査場で手荷物検査を受けるだけ。

もっとも、その手荷物検査が不安なんですけどね。

持ち込み可能な荷物の確認は、各航空会社のホームページで確認できます。
わたしが搭乗する予定の飛行機は JAL (日本航空)。

フロアマップで空港内の施設を確認

羽田空港や成田空港に比べて、新千歳空港はそれほど広くありません。

でも、一度も行ったことがない人間が下調べもしないで行くと、迷うこと間違いなし!
迷ったら係員さんに聞けばいいんですけど、できるだけ手を煩わせたくないというか、この年で迷子になりましたって、ちょっと恥ずかしいので……

フロアマップを見ると、思っていた以上に広かったです。
地図上でこの広さなので、実際に新千歳空港へ行ったらどうなることやら。

チェックインコーナーや搭乗口など、前もって確認しておくことは多そうです。

事前に準備しておけば安心できる

何事もそうですが、不安があるなら事前の下調べは必要なことです。

特に、手荷物検査をするとき。
金属探知機に引っかかるものを外すのに手間取っていると、混雑の原因になります。
スムーズに検査を通過するためにも、機内に持ち込む荷物はできるだけ少なくするか、バッグインバッグなど入れておくと良いそう。

この年齢になると、初めての経験はそうそうありません。
初めて1人で飛行機に乗る不安は尽きませんが、予習と確認をしっかり行って、快適な空の旅を楽しもうと思います!

あと、新潟はお米が美味しいそうなんで、食事が楽しみです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする