スポンサーリンク

短時間でブログ記事を書き上げる方法

パソコンを触る子供の手

1つの記事を書き上げるのに、どうしても時間がかかってしまいます。

サクサク筆が進むときは、記事の内容が大まかにでも決まっているとき。
その日に書く記事のネタがないと、完成までに時間がかかるのは当然のこと。

しかし、本業が別にあるので、できれば短時間で記事を書き上げたいと思っています。
そこで少しでも短い時間で、記事を書き上げる方法を調べてみました。
自戒も兼ねてシェアさせていただきます。

スポンサーリンク

なぜ記事を書くのに時間がかかるのか

①記事の内容がそもそも決まっていない
スムーズに記事を書き進めるためには、書く内容を決めておく必要があります。
パソコンを立ち上げてから、記事ネタを考えるのでは、時間がかかって当然です。

②リサーチに時間がかかる
記事を書いている最中に、調べるものが出てきた。ちょっと調べよう。

こんな風に考えて検索すると、たちまちネットサーフィンが始まってしまいます。
極力、調べるのは後回しにしましょう。

優先すべきは、記事を書き上げることです。

③集中力が途切れる
ようやく記事を書き始めたのはいいものの、気がつけば手は止まり、違うことを始めている……なんてことは、ありませんか?

わたしはよく、テキストエディタを開いた状態でゴロゴロしちゃいます……
この無駄な時間を減らせば、新しい記事のネタ探しができますし、もう1本くらいは、記事が書けるかもしれないのに。
もったいない時間の使い方をしちゃってます。

短時間で記事を書き上げるには?

①記事ネタのストックをしておく
常に情報のアンテナを立て、記事にできそうなことをストックしています。
思いついたネタは、メモに残す習慣もできていました。

ネタがないと、記事を書きたくても書けません。
日々に流されず、好奇心を持ち続けたいところです。

②記事のテンプレートを用意する
記事の内容によって、自分専用のテンプレートを用意している方は多いです。
そのテンプレートに沿っていくと、楽に記事を書き進めることができるようです。

テンプレートの例は以下の通り。

記事のタイトル

導入部分(リード)

記事本文

見出し1

内容1

見出し2

内容2

まとめ

自分の書きやすい形はあると思いますが、それをテンプレート化すると、効率アップに繋がります。

③隙間時間を活用している
仕事をしていると、まとまった時間はなかなか取れないでしょう。
兼業ブロガーは隙間時間を活用し、記事の下書きまで済ませているようです。

今までアプリゲームやネットサーフィンに費やしていた時間を、記事の下書きや、ネタ探しに使っていきましょう。

さいごに

今回の記事は、1時間ほどで書き上がりました。
もうちょっと時間を短縮できそうな気はするんですけど、やはり途中で集中力が切れてしまい、このような結果に。

集中力が切れやすいことはわかったので、隙間時間を活用して、記事ネタを探すのと、下書きまで終わらせるようにしていきたいと思います。

1つの記事を書き上げるのに時間がかかる方は、参考になさってください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする