スポンサーリンク

【家計簿公開】袋分け家計管理はズボラなくらいが続くコツ

家計

7月 25 日から8月 24 日までを期間とした、袋分けによる家計簿管理。
まだ発展途上の袋分け管理ですが、今月はどれくらいの金額を残せたのでしょうか?

参考にしたサイトによりますと、残ったお金は自由に使っていいそうです。

『じゃあ、欲しかったアレやソレを買っちゃおう♪』

こんな風に、自分に甘いことを言っていると、貯金額は増えません。

残ったお金は、すべて貯金に回そうと考えていました。
しかし、8月度は姉から生活費を払えないと言われたため、残ったお金は生活費として繰り越す予定です。
それでもきっと足りないので、貯金を切り崩す必要があるかも。

……気を取り直しまして、第5週目の結果と、7月度の残高を公開いたします。

スポンサーリンク

予算と内訳

21 日から2泊3日の出張が入っていたため、予算のほとんどを使わずに済むだろうと思っていました。
しかし、結果を見てみたら……

予算設定: 4,000 円
使った金額: 3,626 円
残金: 374 円

手元にはほとんど、なにも残りませんでした!

仕事をしに行ったわけですが、観光地価格は大きいですね……
お土産ひとつにしても、飲み物ひとつにしても。

できるだけコンビニや自販機は使わないようにしていたものの、格安スーパーを運良く見つけられず、仕方なしに割高なコンビニを使ったこと数知れず。
なので、出張中の飲食分は週の予算から、お土産代や移動費は出張手当から出すようにしました。

ちなみに出張手当は 9,000 円。
残金は 1,888 円です。

簡単な内訳は以下の通りです。

・新潟駅から新潟空港までのバス代 410 円
・両替のために購入した飲み物(しかも自販機内に忘れてきた) 140 円
・駅から自宅までのタクシー代 870 円(深夜近くでバスがなかった)
・お土産代 5,692 円

本当はもう少し残す予定でしたが、職場全員分とキャリーケースを貸してくれた後輩、その子とほぼ同じ時期に入った子2人にも差をつけないように、そして家族のお土産を買ったら、あまり残りませんでした。

仕事をしに行ったので、お土産は不要かと思ったんですけど、地元からほとんど出ないわたしが新潟まで行ったわけですし、しかも、その間はほかのスタッフがお店を守ってくれていたことを考えると、お土産代はケチれません。
人間関係を潤滑にする必要経費ですね。

7月度のトータル残高

さて、7月度のトータル残高を公開しちゃいます。

第1週目:1,278 円
第2週目:マイナスのため表記なし
第3週目: 563 円
第4週目: 647 円
第5週目: 374 円
お米・調味料代: 1,175 円合計: 4,039 円

予備費も含めようと思ったのですが、どうしても計算と残高が合わないので、合算しておりません。
手元に残っている予備費の残高は、出張手当も含めて 6,183 円です。
すべての週の残高と、予備費の残高を合算すると 10,222 円になりました。

予備費はないものとして考えなければいけませんが、それでも給料日前に1万円という割と大きな金額を残せたのは大きいです。

まとめ

思った以上に、手元に残せた印象でした。
やはり、最後のトータル残高がプラスの着地であれば、週ごとの残高が少なくても問題ないと思います。

きっちりかっちり記録を残していく方法も、ありと言えばあり。
ですが、そうするとストレスが溜まって、家計管理が続かない原因になりかねません。
大事なことは、自分で決めた予算の範囲内でやりくりできること。

従来のやり方とは違う、クリアファイルを用いての家計管理法ですが、無理なく続けることができそうです。
課題点も見えてきたので、そこを改善しながら続けていこうと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする