スポンサーリンク

【家計簿公開】シャワーに変えたら水道料金が半分に!

お風呂

姉が戻ってきてから、約2ヶ月。
お互いに光熱費の節約意識が芽生えたので、試行錯誤した結果、水道料金がこれまでの約半分ほどの金額まで安くすることができました!

第3週の家計簿公開と共に、水道料金を節約するのに試してみたことをシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

予算と内訳

9月4日から、有給と公休で4連休でした。
なので、お弁当のおかずを考える必要はなかったのですが、休み中に食べるものが不足しそうだったため、食材の買い出しに行ってます。

週の半分以上が休みだった割に、ちょっと買い物し過ぎてしまったことが反省点。

予算設定: 4,000 円
使った金額: 3,106 円
残金: 834 円

今回、月曜日に買い物へ行ったきり、買い物はしませんでした。
この部分は、褒められる点かなーと思います。

やはり、まとまった休みがあると間食したくなり、お菓子を買っちゃいました。

間食を我慢すれば、もうちょっと残せたんですけど、ストレスによるドカ食いを未然に防ぐほうが安上がりです。
腹持ちの悪いスナック菓子は控え、少量でも満足できる食べ応えのものや、手作りするなどの工夫が必要かもしれないと思いました。

水道料金の節約で試したこと

こちらが今回、請求された水道料金です。

水道料金

光が反射して見えにくいと思いますが……
今まで2ヶ月使用で1万円以上の請求が当たり前だったため、節水に励んだ結果が目に見える形となって、かなり嬉しかったです。

さて、水道料金を節約するために行ったことをシェアします。
とは言ったものの、当たり前のことばかりですので、参考にならないかもしれません。

①お湯溜めをやめた
7月の猛暑から、湯船に浸かるのが億劫になったことをきっかけに、洗濯する日以外はシャワーで済ませることにしました。
そのシャワーも、可能な限り 10 分以内で済ませるよう、時短を意識。

姉もいつかは独立することを考えているので、節水に協力し合えたことは大きいです。
やはり、わたし一人が節水節電をがんばっても意味はありません。

②洗濯は2日に1回にした
これまで、湯船にお湯を張っていたこともあり、洗濯は毎日してました。
シャワー中心の生活に切り替える際、姉と話し合って洗濯の回数も減らすことを決断。

バスタオルも表と裏で使い分ければ、2日に1回の洗濯でも問題ありません。
家族で共有するには抵抗のあるバスタオルですが、自分用なら気にならないのではないでしょうか?

上記2つを意識しただけで、今回の水道料金は 8,000 円を切りました。
今年度でもっとも高かった月の約半分です。
これが一人暮らしであれば、さらに半分近く安くできたかもしれません。

今後の課題は、北海道の冬をどのように節水するか、ですね。

姉とも話していたんですけど、冬はやっぱりお湯に浸かりたいです。
シャワーだけで冬を乗り切るなら、脱衣所に暖房を置くなどの準備も必要ですから。

さいごに

今回、週に1回の買い物で済ませましたけど、買い物の回数に拘る必要はないのかなと感じました。

冷蔵庫や冷凍庫の在庫状況を見て買い物してますが、一度の買い物で、週の予算を使い切る勢いで買ってしまいがち。
お弁当用のおかずが、そのまま食卓にも出しているので、在庫を見たときに献立を考えつかない場合のみ、買い物へ行くスタンスにちょっと変えてみます。

そして、ガス料金。

まだガスの検針が来ていないのですが、シャワーの設定温度を一番低くしていたので、ガス料金も安くなると思います。
設定温度を下げられるのは、寒くなるまでの間だけですけど……

節約も大事ですが、無理をして体調を崩しては本末転倒。
季節に合った節約をして、真冬も元気に乗り切ります!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする