スポンサーリンク

視界が急にギラギラしたら頭痛の前触れかも

ふき出し子犬 モヤモヤ1

ふとした瞬間、視界が急に狭まるというか、眩しく感じるときがあります。

言葉で説明するのは難しいんですけど、目を開けていても、閉じていても、ギザギザしたモザイクのような幾何学模様が視界をちらつくので、なんだか気持ち悪いんです。

おまけに、この症状が出た後は決まって偏頭痛が起こるため、憂鬱な気分に……

わたしの場合、ギザギザの幾何学模様と表現しておりますが、人によってはもう少し違う見え方もするようで、ウィキペディアによりますと、閃輝暗点(せんきあんてん)とか、閃輝性暗点(せんきせいあんてん)と言うらしいです。

なんか、必殺技みたいと思ったのは秘密。

リンク先に、閃輝暗点のイメージ図がいくつか掲載されているのですが、その画像と同じ症状が出るんです。

ちなみにこの症状は滅多に出ることはなく、たぶん一年ぶりくらいです。
頻発しないことが救いですね……
だって、なんの前触れもなく視界が狭まった瞬間、気が重くなりますもん。

今回、閃輝暗点が出た後の対処法を試してみましたので、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

もし閃輝暗点が出たら……

急に視界がギザギザの幾何学模様で埋め尽くされても、とにかく慌てないこと。

常備薬に鎮痛剤があれば、速やかに飲みましょう。
閃輝暗点が落ち着いた後に起こる頭痛を軽減することができます。

わたしが失敗したなーと思うのは、我が家に鎮痛剤を常備していなかったこと。

そのせいで、視界が狭まって見えにくい中、近所のドラッグストアまで、鎮痛剤を買いに行く羽目になりました。
閃輝暗点の重さによっては、本当に見えにくくなるので、車の運転は控えましょう。

結局、鎮痛剤を飲むのが遅かったため、頭痛を抑えることができませんでした。
しかも吐いてしまったので、薬を飲んだ意味はなく……
せっかくの休日を寝て過ごすことになっちゃいました。

頭痛持ちの方は、鎮痛剤を切らしたら絶対にダメですよ!

閃輝暗点は防げるの?

視界が狭まるとか、ギザギザの幾何学模様がちらつくと書きましたけど、閃輝暗点は眼精疲労などの目の異常が原因ではないようなんですよね。
脳の血管がなにかしらの原因で収縮、拡張することで症状が出るみたいなんですが、まだ詳しいことは判明していないよう。

疲労やストレスも要因のひとつして上げられているのですが、なんでもかんでも、疲れやストレスを理由にするのもなーと、個人的に思ったり……

偏頭痛を持っている人は、血流があまり良くないそうなので、できるだけマグネシウムを摂取することが望ましいようです。
マグネシウムは脳の血管を緩ませる作用があるので、普段の食事やサプリメントで補うといいかもしれません。

ちなみに、マグネシウムが多く含まれている食材は、ズバリ海藻類
特に海苔やわかめは、普段の食事でも無理なく取り入れることができますよ。

閃輝暗点が何度も繰り返されるなら病院へ

初めて閃輝暗点の症状が出たのは、一年くらい前のことでした。

あと数分くらいで家を出るというときに、不意にちらつくギザギザの幾何学模様。
なんとも形容しがたかい不気味さがありましたが、数分後には落ち着いたので、そのまま出勤することに。

でも、職場に着いてしばらくしたら、こめかみがズキンズキンと痛み始めて、吐き気にも見舞われたのです。
最初は少し休めば治るだろうと思っていたんですけど、治まる気配はなく、結局その日は出勤してすぐに、早退する羽目になりました。

そう頻発するわけではない閃輝暗点ですが、何度も繰り返し起こったり、偏頭痛が起こるようでしたら、無理をしないで病院へ行きましょう。

わたしも、次に同じ症状が出たら、眼科と脳神経外科を受診しようと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする