ミニマニストの物を持たないシンプルな暮らしに憧れて

ワンルームに引っ越し ひとりごと
スポンサーリンク

気がつけば 11 月も残り僅か………

12 月に入ったら瞬く間に年末を迎えてしまいますけど、あなたは大掃除をする予定はありますか??

わたしは大掃除とまでは行かなくても、普段は簡単に済ませている場所の掃除とか、わたし物や姉を共有して使っている備品で使っていない不用品を片づけたいなーと思ってます。

一人暮らしだと誰に気兼ねすることなく不用品を捨てられますが、同居人がいる場合はそうもいきません。

共有スペースの片づけは姉と一緒に行うとして、まずはわたしのプライベートルーム(そう呼べるほど素敵な部屋でもないけど)を片づけていきます。

スポンサーリンク

1.目指す方向性を考えてみる

数年前から流行り始めた断捨離

一発変換できちゃいます。

部屋の中にある使っていない物を処分するにあたって、ゴールをどこに設定するのか、理想の暮らしを考えてみました。

究極に物を持たないミニマリストという生き方は、純粋にすごいなーと思います。

でも、わたしの望む方向性と違う気が。

断捨離的にこれは無駄な物かもしれないけど、手放したくない!

そう思ってしまう時点で、ミニマリストとして生きるのはわたしには難しいです。

好きだからこそ、趣味の物は手放せません。

では、わたし自身が望むシンプルライフとはなにか。

・健康的であり、文明的であること

・物は少ないほうがいいけど、女性らしさはキープすること

・社会人として他人に不快感を与えないこと

・なによりも、自分自身が楽しんで続けられること

ざっと思いついたのはこのくらいです。

物が減っていくにつれて、考え方が変わるかもしれません。

そこはわたしが心地いいと感じられる選択をしていきます。

スポンサーリンク

2.さっそく断捨離を始めてみる

断捨離でまず最初に手掛けたのは、定番?とも言える衣類からです。

とはいえ、元々ファッションにこだわりもなく、それほど衣装持ちではないので、割と楽な作業でした。

ここ最近で購入した新しい服も、仕事時に履くスキニージーンズ2本くらい。

古いジーンズは買い換えた時にすでに処分してます。

仕分けをしている時に、職場から支給されている制服の下に着る、ベルメゾンのホットコットがヨレヨレだなーと感じたので、今年の冬用に新しく買い換えようと予定に組み込んでみました。

あと、外出着も処分してます。

恥ずかしながら20代の頃に買った服を着続けていたので………

あまり出かけないこともあって、外出着を必要としてなかったんですが、さすがにこれはマズイと危機感を抱いた次第です。

洋服の断捨離が完全に終わった後に、ベーシックなトップスを購入したいです。

スポンサーリンク

3.そして、断捨離の結果

タンスに眠っていた古い服はすべて断捨離の対象です。

ネイビーとかグレーといった年齢に左右されない色合いではあるものの、どれもこれも似たようなデザインだったので、お気に入りの物以外は潔く手放しました。

景気よく、どんどん服を処分していった結果。

仕事に着ていく服以外、なにも残らなくなりました………

Oh ………張りきり過ぎたわー。

わたしのように失敗しないためにも、前もって計画を立てておくといいかもしれません。

ちょっと思いきりが良すぎました。

とりあえず断捨離を終わらせた後に、服を買いに行く服をネット通販で購入します。

スポンサーリンク

まとめ

・断捨離する前に、どれくらい物を減らしたいのか考えておくと後悔しないかも

・好きな物や趣味の物は無理に手放さなくても大丈夫

・何年も着ていない服があるなら、思いきって処分してみよう!