スポンサーリンク

もう手遅れ!? シミだらけになった30代のお肌を蘇らせる方法

お肌トラブルのイメージ

ある日、ふと鏡を見てギョっとした、という経験ありませんか?

20代の頃にはまったく気にもしていなかったのに、30代になった
ある日、なかったはずのところに、突然ふうっと浮き出てくる、
顔のシミ!

シミといえば、メラニン色素を頭に思い浮かべますよね。

まるで、メラニン色素が悪者であるかのように思ってしまいますが、
元来、メラニン色素を生成するメラノサイトは、紫外線に晒された
細胞の核の中のDNAが、ガン化するのを防ぐために働いています。

作り出されたメラニン色素が、紫外線から核を守る役目をするのです。

しかし、顔などにできたシミは、そのメラニン色素が部分的に
増加しすぎた状態と言えます。

もう手遅れなのでしょうか?

顔がシミだらけになったと嘆く前に、今からでもできることは
ないか、30代のお肌を蘇らせる方法を探っていきます。

スポンサーリンク

美白化粧品を使う前にお肌の土台を整えよう

シミを消したい!と思ったら、すぐ思いつくのは、美白化粧品ですね。

「美白化粧品」には、次の二つの働きを持つ各種「美白成分」が
配合されています。

メラニン色素が必要以上に作られないようにする働き
できてしまったシミの色素を濃くする酵素に働きかけ、逆に還元作用を
促して、色を薄くさせる働き

美白化粧品は、シミを消したい、できるだけ薄くしたいと思う
わたしたちにとって、お肌に直に美白成分を与えることができる、
強力な味方ですね。

その美白成分を有効にするためにも、お肌の状態を整えて土台を築き、
その上で美白化粧品を使い、お肌に浸透させていきましょう。

それに、お肌の状態が良くないと、化粧品の成分が刺激になってしまい、
逆にダメージを与えてしまう結果にもなりかねません。

30代からの女性のお肌は乾燥しがちなので、肌細胞に潤いを保てるように、
日々忙しくてなかなかケアできていないという方も、洗顔後はできるだけ
早いうちのお手入れし、保湿など基礎的なスキンケアを見直しましょう。

また、お肌のケアと同時に、基本的な生活リズムを整えることも大事です!

「睡眠、栄養、休養」は、健康な身体作りの基本ですから、
もちろん、お肌を整えるためにも大切な要素ですね。

身体もお肌も労わってあげましょう。

そして、シミ以外にニキビや炎症など、なんらかの肌トラブルを
起こしていたら、適切なケアをし、必要に応じて皮膚科を受診し、
まずお肌全体の調子を正常に整えていきましょうね。

お肌のターンオーバーを妨げないこと

次に、お肌の土台を整えるために、なにをすればいいのか?

「お肌のターンオーバー」に着目して考えてみましょう。

わたしたちの身体は、たくさんの細胞が集まってできています。

お肌――つまり、皮膚ももちろん細胞がたくさん集まって
形づくられていて、一番底に「真皮」があり、その上に「表皮」が
層をなした(全部で7層)状態になっています。

「表皮」は内側から、基底層・有棘層・顆粒層・角質層に分かれます。

基底層で作られた基底細胞は、分裂しながら徐々に細胞の形や
構造を変化させ、有棘細胞→顆粒細胞→角質細胞と、次第に
肌表面へと押し上げられ、最後は古くなって剥がれ落ちます。

この代謝サイクルを、「肌のターンオーバー」と言います。

この角質の部分は、ターンオーバーのリズムと関係していて、
正常なリズムが保たれていれば、ちょうどいい一定の厚みに
なるのですが、ターンオーバーが早すぎたり遅すぎたりと、
リズムが狂ってしまうと、皮膚が分厚くなったり、逆に薄く
なったりしてきます。

それは、どちらもお肌にとって良くない状態で、ゴワつきや
乾燥といった、肌トラブルとして現れます。

肌のターンオーバーの正常なサイクルは、だいたい6週間と
言われていますが、それは加齢や、紫外線・摩擦などの肌への
刺激、睡眠不足などの生活リズムの乱れ、などが原因となって
乱れてしまいます。

ターンオーバーが正常に行われていると、新しい細胞を作りやすく、
要らなくなった古い角質もスムーズに剥がれるので、代謝が整い、
お肌は明るく見えて透明感があり、ふっくらとした適度な弾力を
持つように。

そして、ニキビや乾燥して刺激を感じるといった、肌トラブルが
ない状態になります。

できるだけ「ターンオーバーを妨げる要因」を取り除き、
健康なお肌の状態に近づけていきたいですね!

そのためには、生活リズムを正し、保湿などスキンケアの基本を
心がけ、紫外線をできるだけ防ぐこと。

そして、肌荒れのケアなど肌トラブルの解消に努めることが
美肌にとって、とても大切なことです。

また、食事面でも、バランスの良い食事内容を考えることに加え、
皮膚や粘膜を健康に保つ働きをする「ビタミンA」を含んだ食品も、
意識して摂るようにしたいところですね。

ビタミンAを多く含む食品は、うなぎ、鶏・豚・牛レバー、卵、
牛乳を始めとした乳製品
などです。

まとめ

30代になると、急に顔にシミが目立つようになったと
感じる人は多いですよね。

加齢により、肌の代謝(ターンオーバー)が落ちていくことも
一因ではありますが、紫外線や摩擦などのお肌への刺激もシミが
できる大きな要因です。

美白化粧品の美白成分は心強い一助ですが、その前に、保湿などの
基本的なスキンケアを見直し、シミを作り出すメラニン色素の活動を
抑えるために紫外線対策を工夫し、肌トラブルをケア、そして、生活
リズムを整えるなど健康的な生活を心がけましょう。

そうすることで、新しいシミを作らせず、今あるシミをできるだけ
薄くしていくための、お肌の土台は整えられていきますよ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする