スポンサーリンク

モテ期は月に一度やってくる。を読んでみた

乱雑に置かれた図書館の本棚

お疲れさまです、朋香です。

図書館で借りた『モテ期は月に一度やってくる。』という本を読了しました。

著者の性別を問わず、恋愛マニュアル的な本は何冊か読んだことがあります。

あまりにも男性にモテないので、こういった恋愛マニュアル的な本を、つい手に取ってしまうんですよねー。

読んで満足しちゃうだけなんですけど………

脱線しましたが、読書感想的なことを書いていきますね。

スポンサーリンク

本が苦手な人でも読みやすいかも?

こちらの本はページ数の割に文字が大きく、行間も空いています。

本が苦手な方でもサラッと読めちゃう感じがしました。

語り口も堅苦しくなく、かといって馴れ馴れしい感じもありません。

著者は男性なので、男性心理についても簡単に触れられています。

本業が美容師というかヘアメイクをされている方のため、男性心理をもう少し深く掘り下げた内容を知りたいという方には、物足りないと感じる内容かもしれません。

あと、女性ホルモンの働きについても書いてありましたが、どこかで読んだことのあるような内容に感じました。

女性ホルモンに関して新しい発見があれば、それはニュースになりますもんね。

そう考えると、恋愛マニュアル本で女性ホルモンの働きを勉強するよりも、実績のある医師が書いた本を読んだほうが、詳しい内容を知ることができるかもしれません。

ライトな内容だからこそ

30分ほどで読み終えてしまうくらい軽い内容でした。

軽すぎて印象に残らないというか………一度読んだらもういいかなー、と。

自腹で購入しても、二度は読み返さないと思います。

偉そうにすみません。

自腹での購入を考えていたり、もうちょっと詳しい内容を知りたいという方は、まずは図書館に在庫がないか確認してみることをお勧めします。

個人的には立ち読みでも十分かもなー、と思いました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする