スポンサーリンク

5歳児の注射嫌い どうすれば克服できる?

注射をうける男の子

小さなお子さんがいる親御さんの悩みの種――

それは、予防接種です。

生後2ヶ月から始め予防接種や、毎年あるインフルエンザの
予防接種もあります。

風邪などで病院を受診するのですら行きたがらない、
痛みが苦手なお子さんは、泣いて暴れて抵抗して
逃げ出してしまうみたいです。

病院を嫌がるお子さんを見ていると、お母さんも
憂鬱になっちゃいますよね。

この記事では、注射嫌いのお子さんに、すんなりと
注射を受けてもらうにはどうしたらいいのか?

わたしの子供が通っている小児科での対策も入れて、
克服できる方法をお話していきたいと思います。

スポンサーリンク

子供の注射嫌いは克服できるのか?

注射って、大人でも苦手に感じる方は多いですよね。

針を刺される瞬間のあの緊張感――

そして、チクッと針が刺さった痛みによって、全神経が
そこに集中してしまって、注射を打つ時間なんて一瞬の
はずなのに、凄く長く感じてしまう。

こんな感覚、嫌ですよね。

小さいお子さんなら、尚のこと。

わたしも注射は昔から大の苦手で、子供の初めて予防接種を
受けて泣いた顔を見た時は、こっちが泣きそうになりました。

でもなぜ、そんな嫌いな注射をわたしたちは打ちに
病院に行くのでしょうか?

それは「仕方がないから」です。

予防接種を受けることの大切さや、お母さんがまだ
小さかった頃、どうやって乗り越えてきたのか、
お子さんにぜひ話してあげてほしいです。

「ママも〇〇ちゃん(くん)の時は、チクッとして
もらったから大きくなれたんだよ」

「ママも昔は怖くて泣いっちゃったよ。だけどね、
がんばってチクッとしたら病気に負けない身体に
なるんだよ」

こんな風に注射をする意味を、お子さんが分かりやすい

言葉で、説明してあげてくださいね。

もう一つは、病院らしくない内装や服装で、子供の
恐怖心を軽減させる工夫をしている病院を選びましょう。

わたしの子供がお世話になっている、かかりつけの
病院の先生は白衣を着ていません。

普段着で診察してくれています。

なので、先生を見てもまったく泣きません。

あと、院内にはいたるところに子供の興味をそそる
キャラクターの絵を貼っています。

うちの子もいつもそちらに気がいって、
病院内ではにこにこ♪

泣く子もあまり見かけません。

よく考えているなといつも思います。

克服するための効果的な方法とは?

お子さんの注射嫌いを克服するためには、
どのようにすれば良いのでしょうか?

正直に話す

お子さんをクリニックに連れて行く時、ちゃんと
説明をして行っていますか?

黙って連れて行って、その先が病院だったら……

「ママに騙された!」

――と、なってしまいますからね。

それから、痛くないは絶対に言わないこと!

そのような嘘は、信頼関係を失います。

小さい子供だからと言っても、簡単に
バレてしまいます。

痛みについても、説明は大切なこと。

「チクッとするけど、すぐに終わるからね。
いち、にい、さーん! はい、おしまーい。
これでばい菌さんに勝てるよ」

注射は数秒で終わりますので、このように伝えてあげて、
お家でシミュレーションをするといいかと思います。

いっぱい褒めてあげる

注射が終わったら、たくさん褒めて褒めて、
褒めちぎってください!

ぎゅっと抱きしめて、

「偉い! よく頑張ったね!」
「すごい! お兄ちゃん(お姉ちゃん)になったね」

そう言ったあと、わたしは、頭をいい子いい子
してあげています。

子供は大袈裟なくらいに褒められると、
自信に繋がります。

がんばったら褒めてあげる。

子供を育てる上で、とっても大切なことですよね!

痛いのを我慢してがんばったんですから。

終わった後のご褒美

注射の後のご褒美として、子供の好きなシールを
あげたりすると機嫌が直ります。

うちの子がアンパンマンのシール大好きなので、
シール押しになっちゃいますが――

違う病院では、綺麗に折られた折り紙をくれる
ところもありました。

ピタッと泣き止むので効果有りですよ。

それ以外にも、キャラクターの絆創膏を貼ってくれる
病院もあるみたいです。

自分がお手本になる

インフルエンザの予防接種は、子供の前で受けるのですが、
その時にわたしがすることは子供に向かって、

「ママは全然痛くないよ~♪ 注射なんて余裕!」

みたいな顔をします。

心の中では、いたーい!!×100(泣)

なんですけどね。

子供は親のことを真似るし、わたしが頑張っている
姿を見たら、がんばって注射受けてくれるかな~と
思って。

まとめ

子供が小さいうちは、とにかく予防接種が多いので、
痛みに弱い子は本当に大変ですよね。

だいっきらいな注射の意味を教えてあげる

シミュレーションをして、注射に挑む!

我慢してがんばって終わったら、盛大に褒めてあげる

そして最後に、ご褒美のシール攻撃♪

ご褒美も、決して高くないものでいいんです。

安いお菓子でも、シールでも、子供が喜ぶものなら
なんでもOK!

がんばったことを褒めてもらえたら、子供なりに達成感を
感じます。

今回の克服法、ぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする