スポンサーリンク

30代女性は体型キープしないと崩れる!? ムリなく維持する方法

ヨガスクールイメージ

ふと気づくと30代。

お肌の曲がり角、と言いますが、気になるのは
お肌だけではありません。

いつの間にか、変わっていく体型。

20代のころと比べて崩れた、と感じることも。

それでも中には驚くほど、20代のころと変わらない
体型の人もいますよね。

どうしたら、ムリなく体型を維持することが
できるのでしょうか?

今回は、その方法について考えてみました。

スポンサーリンク

30代でも20代の体型を維持している人は何をしてるの?

女性の一生には、女性ホルモンの分泌量の変化が
大きく関係しています。

この女性ホルモンの分泌がピークを迎えるのは、
30代前半と言われています。

また、30代には妊娠・出産という大きなライフ
イベントもあり、女性はどうしても体型変化を
起こしやすくなります。

おまけにこの時期は、家事に加えて子育て、仕事と
大忙しですから、なかなか自分をゆっくり顧みる
時間が持てませんよね。

そして特に、女性の体の成熟期であり、皮下脂肪が
つきはじめる20代後半から、それがしだいに加速
していく30代は、太りやすく体型変化の著しい時期と
言えるでしょう。

その30代の終わり頃には、もっと大きな体型変化が訪れます。

身体全体の筋力が衰えていくために、重力に逆らえず、
40代以降に向けて、下垂ぎみな体型へと変化していきます。

これは一度変化すると元には戻らないし、誰にでも
いつかは訪れる老化現象のひとつですから、できる
だけ遅くきてもらいたいですよね。

このように、30代は、ライフステージの中でも激動の時期。

それなのに、30代でも20代の体型を維持している人は、 
一体なにをしているのでしょう?

ぜひ知りたいですよね。

某有名下着メーカーの、30年にもおよぶ追跡調査による、
女性のエイジングについての研究の成果が、2000年に
発表されています。

体型変化の進行度が遅く、体型維持ができている人には、
次のような特徴があったというデータがあります。

□規則正しい食生活を心がけている

□姿勢や歩き方に気を付けている

□体をよく動かすようにして、活動的な生活を送っている

□体にフィットした下着をつけている

つまり、自分の体に常に関心を持ち、ちょっとした努力を
している、ということですね。

意識して生活する、ということが大切なようです。

やっぱり、栄養と運動はとても大事!

食べすぎず、いつも「腹8分目」を心がけ、食事内容も
偏らないようにバランスを考えて調整することが大切
でしょう。

運動は、特別に教室などに通えなくても、活動的に
動くことを意識するだけでも変わってきますよね。

日常の中で、ちょっとした動きを取り入れてみる、
「(運動し)ながら家事」をするなど、できるだけ
体を動かすことが大切です。

そして、姿勢や歩き方、体に合った下着、というのは
「そんなことが?」と思うかもしれませんが、意外に
あなどれないようですよ。

猫背で前かがみになっていたりすると、腹筋と背筋を
使わない体勢です。

常に背筋を伸ばしている方が、姿勢維持のために
エネルギーがいりますので、その分消費エネルギーを
増やすことができるのです。

運動しているのと同じ効果があるうえ、美しい姿勢の
ほうが、見た目の年齢も若くなりますよね。

また、体型変化の外観的要素の中でも、バストや
ヒップの下垂が女性にとって大きな悩み。

加齢と共に、支えになる組織が老化するので、重力に
逆らえなくなるのと同時に、揺れる状況にあると下垂を
促進する、ということが分かってきているそうです。

それを支えるために、適正にフィットした下着が
必要なのですね。

この頃、夜用のブラが話題ですね。

肌に優しい柔らかい生地で作られていて、リラックス
できるのに、寝ている間にもバストが身体の横に
流れていかないよう支えてくれるという商品で、
各メーカーからいろいろなタイプのものが販売されています。

それから、この頃、「腸活」という言葉を
よく耳にしませんか?

腸内を健康に保つことが、健康づくりや美容にも
役立つことが、いろいろと科学的に解明されています。

腸を元気に働かせるために、水分と食事からの食物繊維を
たくさんとって、便秘にならないようにしていきたいですね。

お腹の辺りをぐるぐる動かして、回すような運動を
取り入れるのもいいですね。

たとえば、エアーフラフープをしてみましょう。

一説には、このような動きは、腸はがしといい、
堅くなって出にくくなってしまった便を腸壁から
はがして、便通を促すのに役立つとか。

これでお腹周りの脂肪が減ってくれたら、一石二鳥ですね。

できることなら、積極的にフィットネスを取り入れれば、
より筋力も維持でき、健康的に体の型維持ができるの
でしょうけど、そうできない環境にある方も、まずは
自分にできることから、取り入れていきたいですね。

日々の積み重ねが大事だけど無理は禁物

30代になっても20代の体型を維持するためには、
健康的な生活を送ることが前提ですね。

そのためには、日々の積み重ねが大事になります。

健康は一日にして成らず、です。

健康を手に入れるため、努力は必要ですが、無理は禁物です。

たとえば、無理なダイエットなどは、生理が止まって
しまったり、病気を招いてしまう恐れさえあります。

また、無理をしていると、長く続けていくことが
できませんし、逆に体を壊しては、元も子もありません。

あまりストイックに考えすぎないのも、努力を続ける
ための秘訣ですね。

まとめ

私たち女性の体は30代になると、それまでの20代の頃とは違い、
ホルモン分泌の変化やライフイベント、生活環境などにより、
体型の維持はなかなか難しいものです。

しかし、健康的な身体作りのための努力を、意識して
続けていくことで、無理せず維持することも、できるの
ではないかということがわかりました。

無理をし過ぎて続かないのでは意味がないので、
あまりストイックになり過ぎず、自分にできることから、
生活に取り入れてみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする