スポンサーリンク

怪物事変 第17話『再会』感想とネタバレ

冬の鶴ヶ城

今回のお話は、怪物事変のヒロインこと
晶たんのメイン回です!

待ちに待った、双子のお兄さんも登場しますよ。

コミックス派、未読の方には一切、配慮してませんので、
ネタバレが嫌な方はお気をつけくださいませ。

スポンサーリンク

ミハイさんは多才

晶たんの宝物、アルパカに似たぬいぐるみが、
前触れもなく裂けちゃいました!

中身の綿が溢れ出て、晶たん大パニックです。

夏羽くんは、冷静に晶たんのお兄さんのお腹が裂けて、
臓物が出たとシキに報告する
も、シキも冷静に、ただの
ぬいぐるみが裂けただけだから放っておけとバッサリ。

ちなみに、晶たんのお兄さんに似ていることから、
ぬいぐるみの名前は『にいさん』と言うそう。

太い眉に、キリッとした凛々しいお顔をしてます。

ちびっこトリオに裁縫が得意な子は当然いなくて、
ミハイさんに相談することに。

もし、綾ちゃんがいれば、ちょちょいのちょいと
直して、夏羽くんにアピールするんでしょうけど、
今回は登場しません。

かつて、トランシルヴァニアの裁縫箱(ソーイング
ボックス)と呼ばれていたミハイさん
は、サーバー
メンテ中だからと、快く直してくれました。

おまけでAIも搭載してくれてます。

晶たん、めっちゃミハイさんに感謝してました。

その喜びようが本当に男の子なのかと、疑って
しまうくらい可愛いんですよー。

晶たん、絶不調

ぬいぐるみが急に裂けたことを不吉に感じていた
晶たんでしたが、その翌日、怪物屋の依頼を遂行
する段階から、ドジ連発です。

さすがに三日続きでドジを繰り返す晶たんに、シキの
イライラも最高潮に――

夏羽くんは彼なりに慰めようとするんですが、晶たんが
ドジで役立たずなのは、今に始まったことじゃない
と、
止めを刺す結果となりました。

傷ついた晶たんは、置き手紙を残して旅に出ることに。

兄弟の再会

ぬいぐるみのにいさんと晶たん、一人と一匹旅をしようと
原宿を歩いていたところ、ファーつきのフードを深く被った
人物とすれ違いました。

その際、なにかを感じ取った晶たんが振り返ると、
雰囲気や表情は正反対ながら、顔立ちが似通った
少年もまた、晶たんを振り返ります。

少年の名前は結(ゆい)くん
行方不明だった、晶たんの双子のお兄さんです。

全体的に白っぽい晶たんに対し、結くんは黒っぽい。
柔と剛のイメージでしょうかね?

夏羽くんと似ていると、かつて晶たんが話していた
だけあって、結くんの雰囲気は確かに夏羽くんと
似ているかも。

表情が固いところとか、瞳に光がないところとか。

ただ、晶たんの回想シーンの結くんは、現在よりも目に
生気が宿っている気がする……

調子が出ないシキと夏羽くん

晶たんが戻ってこないまま、怪物屋の仕事を続ける
夏羽くんとシキ。

隠神さんも驚くほど、依頼をスピード解決しちゃいました。

しかし、やることがなくなったシキは、早くもゲームに
飽きて退屈に……

夏羽くんになにかして遊ぼうと誘うものの、聞く相手を
確実に間違えていますよ、シキは。

案の定、要領を得ないシキの言葉に、晶たんに相談すれば
いいと答えたのですが、そんなことを聞ける空気じゃないと
夏羽くんを一喝。

結くんはブラコン

探偵事務所で、主にシキが暇を持て余している中、
結くんと行動を共にすることになった晶たん。

よく見ると、結くんってば、晶たんの荷物を持って
歩いてますよ!
さりげない優しさを見せる結くんに、胸キュンです。

人気のない森の奥へやってくると、結くんは晶たんに、
どんな家に住みたいのか尋ねました。

アナ雪に登場するような氷の城に住んでみたいと言う、
晶たんのリクエストに応えた結くんは、和風の氷のお城を
作っちゃいました!

本当は西洋風のお城がよかった晶たんですが、結くんが
作ってくれた和風のお城もお気に召したようで、城内に
入った瞬間からテンションMAX状態。

どんどんインテリアをリクエストし、それに快く
応える結くんは晶たんに甘々です。

さっそくインスタに投稿しようとした晶たんだったけれど、
結くんにスマホを壊されてしまいました。

外部との連絡手段を奪っちゃうなんて……

インテリアを作る前に、食料を調達に出かけた結くんは、
晶たんをお城の中に閉じ込めちゃいました。

なんだか結くん、ヤンデレっぽい……
どうしよう、好き……

夏に結くん×晶たんの薄い本が出そう。

晶たんを迎えに

暇すぎて、夕飯に凝ったものを作ろうとした
シキと夏羽くん。

普段からインスタントラーメンやら、デリバリーで食事を
済ませているであろう料理初心者の二人に、難易度の高い
ビーフシチューを作れるはずもなく、あえなく失敗……

妙にギスギスした空気を放つシキに対し、夏羽くんは
シキの考えていることがわからず、困り果てます。

ダメにした夕飯の代わりを買いに行っていた夏羽くんは、
唐突に晶たんの存在が、どれほどシキや夏羽くんにとって
大切なものだったのか理解し、それをシキに訴えました。

そんな夏羽くんに対し、シキは晶たんが役に立っているとは
思えないけれど、言い過ぎたことは反省。

二人は、晶たんを迎えに行くことにしました。

結くんと対峙

SNSでは、結くんが作ったお城が話題に。

隠神さん、夏羽くん、シキの三人は、ミハイさんの情報を
元に、現場へと駆けつけました。

氷の城を見に来た人たちを掻き分けると、ちょうど結くんが
お城から出てくるところ。

テレビ局も来ていて、取材を求められたものの、結くんは
人間を攻撃しようと手を振りかざしました。

咄嗟に隠神さんが銃を撃つも、結くんには効いていません。

氷で銃弾を防いだのを見た隠神さんは、晶たんとの関係に
気づきかけてました。
けれど、結くんの持つ力が雪男子とは思えないのか、
隠神さんは戸惑いを隠せません。

最後のページにて、結くんのコートがはだけて、胸元が
露になるシーンがあるんですけど、結くんの胸元には、
夏羽くんの持つ命結石に似た石が刺さっていました!

いいところで、第17話は終了です。

さいごに

命結石を作ったのは、怪物たちの長という話を野火丸くんは
していたので、もしかしたら結くんの持つ命結石は、雪女の
長が作ったものなのかもしれません。

雪男子の結くんがなぜ、それを持っているのか――

晶たんを先に雪女の里から逃がした後、奪い取ったのかも
しれません。

そして、回想シーンでは感情があるように見えた結くんが、
今は目に光をなくしているのは、もしかしたら命結石には
怪物に力を与える対価として、所持している人物の感情を
なくしてしまうのかも……?

晶たんメインの回ですが、これまでの謎が解明される
話になりそうです。


 

 

 
 


 

 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする