スポンサーリンク

おむつが取れていない赤ちゃんと温泉 知っておくべき入浴マナー

温泉とニホンザル

育児を始めて思うこと――

それは、とにかく疲れる!

人ひとり育てることが、こんなにも大変なことだ
なんて、実際に自分で子育てを経験するまでは、
わかりませんでした。

でも、どんなに大変なことでも、途中でやめたり、
投げ出してしまうわけには当然いきません。

だからこそ、息抜きが必要になってくるんですよね。

「たまには気分転換がてら、ゆっくり温泉にでも
浸かって、日頃の疲れを取りたいな~」
「けれど当然、子供連れになる――」
「赤ちゃんを連れての温泉って、大丈夫なのかな?」

そう思っているお母さん。
結構、多いのではないでしょうか?

スポンサーリンク

赤ちゃんと温泉 問われる親の常識、非常識

そもそも、赤ちゃんは温泉に入ってもいいのでしょうか?

生後1ヶ月で検診があり、お母さんと赤ちゃんの
健康状態などを確認されます。

そこで、お医者さんから問題なしとの診断があれば、
外出も可能になってきます。

もちろん、お母さんは温泉に入っても良いでしょう。

ただ、赤ちゃんも一緒に温泉に入ってもよいかどうかは、
わかりません。

その理由は、いくつか挙げられます。

まず一つ目として、温泉の泉質にあるのでは
ないでしょうか?

泉質が強い、弱い
酸性か、アルカリ性か

などなど。

赤ちゃんの敏感なお肌には、温泉に含まれる成分の
刺激が強すぎる場合もあります。

それに、お湯の温度も高すぎてはいけません。

さらには、温泉にはたくさんの人が同じお湯に
浸かるわけです。

となると、たくさんの菌も心配の種ですよね?

とはいっても、わたしも子供が小さい頃、よく一緒に
連れて温泉に行ってました。

その経験から、赤ちゃんと一緒に温泉に入って、
大変だった点をいくつか挙げてみます。

・お湯に長く浸かれない
・赤ちゃんを洗うときに不便
・自分が洗うときに赤ちゃんをどうしておくか
・お風呂から上がって、自分の身支度をしている間、
赤ちゃんをどうするか?

そのほかにもいろいろありますが、普段、ご自宅で
お風呂に入れるときとは、状況がまったく異なります。

そういった点からも、あまり低年齢からの温泉は、
避けておいたほうが無難かもしれません。

おむつが取れるまでは内風呂が無難

それ以外にも重要な問題があります。

それは、おむつをしている子を温泉に入れても
良いのか? それとも悪いのか?

ではないでしょうか。

ですが、わたしの経験で言わせてもらえば、おむつを
している子供をお風呂に入れても、おしっこやウンチを
したことはありませんでした。

逆にいうと、お年寄りが粗相をしてしまったと
いう話をよく耳にします。

けれど、赤ちゃんは自分の言葉で伝えることが
できないので、心配があるようなら、おむつが
取れるまでは内風呂が無難かもしれません。

最近の傾向として、温泉施設や宿泊施設などでは、
家族風呂や貸切風呂を用意して、赤ちゃん連れの
ファミリープランを企画しているところも。

人の目を気にせず、家族水入らずで楽しく過ごす
ために、そういったプランを上手に利用するのも
オススメですよ。

まとめ

入浴施設には大体、赤ちゃん用のベビーベッドが
設置されています。

こういった設備を見ても、赤ちゃんお断りとは
言っていない感じはします。

ただ、子供連れで行ったお母さんが温泉に入った
ことにより、日頃の疲れを癒すどころか、さらに
疲れた~なんてことがあるかもしれませんね。

ですので、家族全員で入れる温泉施設を利用したり、
気の置けない身内で、一緒に入ってくれる人に同行
してもらうなど、工夫してみるのも良いのではない
でしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする