スポンサーリンク

会社に依存しない働き方

駄々をこねる新卒の牛

こんばんは、朋香です。

シフト上では今日は休みだったのですが、出張中の上司が大雪の影響で開店時間までに帰ってこれないかもしれないとのことで急遽、出勤することになりました。

今週の月曜日に休んだきり。

火曜日から今日までで、五日連続の勤務となります。

早番、開店から閉店までの一日通し、早番、一日通し、遅番、一日通しという地獄のシフトをなんとか乗り越えてもうクタクタ………

わたしのお店は人数が少ないので、どうしても無理をしないといけない環境です。

今日も断ろうと思えば断れたでしょうが、じゃあ誰が出勤するの?と考えた場合、まだお子さんが小さくて短時間しか働けない主婦のスタッフは難しい………

独身で比較的、時間に融通の利くわたしが出るほうが丸く収まっちゃうんですよね。

仕方がないとはいえ、どうにかなればいいのになーと思う今日この頃。

スポンサーリンク

時間を切り売りしない働き方

ここ数年、働く以外に収入を得られる方法を構築したいなと思うようになりました。

20代の頃に仕事を掛け持ちしていた時期があったのですが、トータルの収入が思っていたより多くはなかったんですよね。

自分の時間を減らして、お金のために働く………

はっきり言って、心が荒んできます。

働くのが好きな方なら仕事を掛け持ちしても大丈夫でしょうが、わたしは働くことがあまり好きではないので、その荒れっぷりはひどかったです。

あれから数年が経った今でも当時のことを思い出すと、恥ずかしくて恥ずかしくて………

なかったことにしたい過去の一つです。

当時の職場の人には会わせる顔がありません。

話は脱線しましたが、とにかく今の収入+αを得られるようになりたいんですよね。

そうすれば急な病気や怪我で長期間、休職することになったとしても、安心して治療に専念できますし。

リスクマネジメントの一つとして考えてます。

理想的な働き方をしているスタッフ

お店がオープンした時から一緒に働いている方で、理想的だと思える働き方をしているスタッフがいます。

ふんわりとした柔らかい雰囲気で、天然なところが魅力のお姉様です(*≧∀≦*)

便宜上、Mさんと表記させていただきますね。

Mさんはわたしと同じ職場で働きながら、ご自宅ではピアノの先生をされています。

二足のわらじ……いえ、母親業と妻業も含めたら、四足のわらじを履いているMさん。

とても忙しそうですが、収入源が二つあるというところが理想的だと感じています。

実際、毎月の給料は車の購入費用と学費などに回しているとのことです。

旦那さんの意向で扶養から外れる気はないと話してましたが、ピアノ教室は生徒さんが順調に増えているようで、レッスン日を増やさないといけないかもしれないそうです。

そうするとお店のシフトを減らす必要があるため、Mさんと顔を合わせる機会は今以上に減ってしまうなーと寂しい気分に(´・ω・`)

退職するわけではないので、休みを合わせてランチはできますが。

ちなみにMさんは大々的にマーケティングを行ったわけではなく、自宅前に看板を出しているだけで生徒さんが自然と増えていったそうです。

ご自宅の場所が学校から近いという立地条件もあるでしょうが、恐らくママ友のネットワークによる口コミ効果と思われます。

お子さんの同級生が主な生徒さんらしいのですが、別のピアノ教室に通っていたのに辞めて、Mさんの教室に入り直した生徒さんもいるという話も聞きました。

ママ友ネットワークってすごい………!

収入源が二つあるのは心強い

本当は正社員として働けるほうが、福利厚生の面でも安心できますよね。

でもわたし、正社員として働くのは嫌なのです。

責任を求められるのがプレッシャーに感じてしまうので。

だから時給でずっと働いてきたんですが、30歳を過ぎて結婚の予定も今はない現状を考えると、副収入を得ることは必須かなーと思います。

お金がすべてじゃないけど、お金があれば選択肢は広がりますもんね。

Mさんのように手に職は持っていませんが、今のわたしにできることはブログの更新をコツコツ続けていくことです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする