スポンサーリンク

記事が書けない時の原因と対処法

数時間かけて作成したレポートが突然の再起動で消えてしまった時の表情

ブログを更新していると、記事が書けない時ってありませんか?
わたしは結構な頻度で書けなくなってしまいます。

ネタというか、書きたいと思うことは一応あるにはあるんですけど………
いざ、パソコンの前に座ると、手が止まってしまうんですよね。

記事が書けない時のパターンとして考えられるのは………

・書きたいことはあるけど、リサーチ不足などで文章にできない

・まったく書きたいことが浮かばない

・良いことを書こうと思ってプレッシャーを感じている

・『記事を毎日、更新しないといけない』という、強迫観念に囚われている

上記のいずれかでしょうか。

こういう状態の時、無理に記事を書こうとしても捗りませんよね。
むしろ、早く記事を更新しないと………って、肩に余計な力が入ってしまうことに。

わたしは100記事を目標にしているので、とにかく毎日、記事を更新しないといけない、と自分にプレッシャーをかけちゃってます………

今後も、楽しみながらブログを続けていきたいと思っているので、早めに対策を高じる必要性を感じました。
そこで初心者ブロガー向けのサイトを見て回り、記事を書くコツについて調べたので、わたしと同じように記事の更新が滞りがちで悩んでいる方は、参考になさってください。

スポンサーリンク

仕事でも役に立つ5W1Hを活用しよう

ところで、5W1Hはご存じですか?

When いつ
Where どこで
Who 誰が
What なにを
Why なぜ
How どのように

引用:コトバンク

上記の頭文字を取って、5W1Hと言います。
詳しくはリンク先をご参照ください。

コトバンクによると、元は新聞記事を書く時の原則ですが、メールや口頭での説明でも活用されているようです。
わたしの職場でも、こちらを意識した報告をするよう指導されています。

今回の記事を5W1Hに当てはめるなら………

When 今日
Where 自宅? パソコン前?
Who わたしこと朋香
What ブログ記事が書けなくて悩んでいる
Why 記事を書く際に必要なリサーチ不足、プレッシャーなどの内的要因
How ネットで記事の書き方を調べて、それを記事にした

こんな感じでしょうか??
あ……こうやって文章化してみたら、スムーズに記事が書けそうな気がしてきました。

5W1H、オススメです!

いつも有益な記事を書かなくてもいい

検索で上位に表示されるためには、ブログを訪問してくれた方の役に立つような記事を書く必要がある、というのがブロガーの常識になっていると思います。
わたしもブログを始める前にいろいろと調べたので、文才がないなりに付加価値を意識した記事を書いてきました。

でもわたし、人の役に立つような情報というか、豊富な知識を持ち合わせていません。
今この記事を書いている瞬間も、ネガティブな感情に見舞われています。

『浅い知識を公開して大丈夫かな。わたしより詳しい人や面白い文章を書ける人はいっぱいいるし、すでに強豪ブログもあるのに………』

そう思いながら、ぽちぽちキーボードを打ち込むことが多いです。
とはいえ、強豪ブログは365日ずっと、来てくれる読者に有益な情報を提供しているわけではないのですよね。
時にはただの日記だけの時もあったり。

大事なのは、ほかのブログと必要以上に比べないこと。
上を見たらキリがないですもんね。

わたしなりの考えや、感じたことを読みやすい文章で書きつつ、来てくれた人の役に立つような情報発信をしていきます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする