スポンサーリンク

暑中見舞いの出し忘れに注意! 2018年は七夕までに出そう

ポスト

夏の挨拶状、暑中見舞い。

普段、忙しくてなかなか会えない人にも、しばらく
ご無沙汰している人にも、様子を伺い、元気でいる
ことを伝えられ、コミュニケーションを取ることが
できる、便利な風習です。

しかし、暑中見舞いはいつ出せばいいのか?

わかりにくくて、悩みますよね。

そうこうしているうちに、出し忘れてしまっていたり!

そんなことにならないように、ちょっとわかりにくい
暑中見舞いのマナーについて、いつ出したらいいのか、
期間など、対応の仕方を知っておきましょう。

スポンサーリンク

暑中見舞いは何日までに送るもの?

現在の暑中見舞いは、元をたどれば、お中元と起源を
ひとつにし、お盆の頃のお世話になった人へのご挨拶
回りが、形を変えて残っているものです。

それ以前から、お盆の里帰りのときに、先祖の霊を
慰めるためのお供え物を持参する風習がありましたが、
次第にお世話になった人全般に贈答するという風習へ
変わりました。

その際の贈答品には、同時に挨拶状もつけていましたが、
贈答品は「お中元」に、挨拶状は「暑中見舞い」となり、
現在まで残っています。

そして暑中見舞いは、昔の日本で使われていた旧暦の、
二十四節季(にじゅうしせっき)という季節の区分の
中で、一番暑いとされる小暑~立秋(の前日)までの
間に行うというのが通説です。

小暑(しょうしょ)は7月7日前後で、
立秋(りっしゅう)は8月7日前後です。

現代の、太陽暦を基にした暦と、太陰暦を基にしていた
旧暦とではズレが生じるため、少しずつ日程が前後し、
毎年、日にちが違いますので、注意しましょう。

2018年の小暑は7月7日、立秋は8月7日ですので、
暑中見舞いを出す期間は、7月7日~8月6日までと
いうことになりますね。

ところが、もうひとつの説がありまして、本当に一番
暑いのは、夏の土用である立秋までの18日間だから、
暑中見舞いはその間に出すのが適切だというものです。

また、梅雨が長引いて、小暑になっても、まだ梅雨明け
していない場合もあります。

梅雨明けをしてから出すのが常識だという通説も
踏まえると、投函する日は、早すぎないように、
そして、暑中見舞いが届く日が、期限である立秋の
前日を過ぎないようにするのがいいでしょう。

残暑見舞いなら遅くなっても大丈夫?

それでも考えているうちに、相手の方へ到着するのが、
期限を過ぎてしまいそうだという場合、相手に失礼の
ないようにするためには、思い切って残暑見舞いに
切り替えましょう!

残暑見舞いなら、暑中見舞いの期限の日である立秋から、
8月末までに着くように出せるため、相手の手元に到着
しそうな日にちを考えて、ギリギリになってしまったとき
には、残暑見舞いとして送るほうが迷いなく出せますね。

ちなみに、残暑見舞いは、2018年だと8月7日~8月31日の
間に、到着するようにします。

あまりに送るのがギリギリになると、返信する側が困る
場合もありますので、余裕を持って投函しましょうね。

まとめ

夏に送る挨拶状のひとつである暑中見舞いは、メールや
LINEが主流となった現代の日本において、昔ながらの品の
良い、風流なコミュニケーションツールです。

年賀状と違い、普及率はそれほど高くはありませんが、
四季を感じさせる涼しげなハガキを送り、互いの近況を
直筆で報告できる良いもの。

ぜひ、普段の生活に取り入れたいものですが、なにかと
マナーがわかりにくいというところが難点ですよね。

相手方に失礼なく、暑中見舞いを送れるように、
送るのに適切な期間を調べてみました。

また、うっかり暑中見舞いを出し忘れてしまったり、
梅雨明けを待っている間に、出しそびれてしまうことも
ありますね。

その場合には、残暑見舞いに切り替えると、マナー違反を
心配せずに投函することができます。

暑中見舞いと残暑見舞いは、それぞれに適した送る期間が
ありますので、ハガキを投函する際は、相手に届くのが、
立秋より前なのか、後なのかで判断しましょう。

せっかく暑中見舞いを出すのでしたら、マナーをしっかり
おさえて、お便り上手を目指してくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする