スポンサーリンク

ハロウィンでお菓子をもらいに行くのは迷惑行為かも!?

ハロウィンのかぼちゃ

10月31日はハロウィンですね。

とはいっても、我が家では、毎年限定のスイーツや
お菓子を買って楽しむ程度で、「西洋のお祭り」と
捉えています。

そして、街なかやデパートなどでは、どこへ行っても
ハロウィンの飾りがしてありますので、それを見て、
ついついかぼちゃが食べたくなってしまいます。

お子さんがいらっしゃるお宅なら、なにかハロウィンの
行事を予定されているかもしれませんよね。

さまざまな仮装に、パーティー。

「トリック・オア・トリート」と言いながら、
お菓子をもらいに行ったり……

しかし、その「お菓子をもらいに行く」のは、ちょっと待った!

それって、ご近所さんにとっては、迷惑行為に
なるかもしれませんよ!

というわけで、楽しい行事であるために、ハロウィンで
お菓子をもらいに行くことについて、ここで少しばかり
注意すべきことを考えてみましょう。

スポンサーリンク

ハロウィンがご近所トラブルに発展!?ルールとマナーを再確認しよう

子供たちとハロウィンを楽しもうと、いろいろと
準備して計画を練っているパパやママ。

ここでちょっと、ハロウィンでご近所を訪問すると
いうことについて、ハロウィンのルールとマナーを
再確認しておきましょう。

ハロウィンのお祭りがさかんな本場アメリカでは、
子供たちが自由に仮装して、ご近所さんを巡り、

「トリック・オア・トリート!」

と、お馴染みのセリフを言いながら、お菓子をおねだりする
行事が毎年、行われています。

しかし、本当のハロウィンというのは、クリスマスのような
キリスト教由来の行事ではないのです。

実は、元々ケルト民族の間で行われていた慣習が
広まったものなのだそうで、アメリカには広く
浸透していますが、ヨーロッパではそうでもない
らしいのです。

そして、意味合いとしては、日本のお盆と収穫祭が
一緒になったような感じです。

先祖をお迎えし、その年の収穫を祝うという
大切な行事、お祭りではあります。

しかし、日本ではまだ馴染みは浅く、近年になって、
一部の地域で急速に浸透してきてはいるものの、
若者文化というイメージが大きいです。

仮装パレードなど、ハロウィンのイベントは
楽しまれていますが、ご近所訪問のほうは、
夜間ということもあり、なかなか日本では
浸透しにくいものですよね。

それに、ひとつ間違えば、ご近所トラブルにも
発展しかねない要素を含んでいますから、極力
注意が必要です。

本場アメリカの子供たちでさえ、ご近所訪問には、
地域ごとに決められたルールやマナーをきちんと
守って参加します。

そうしないと、仮装しての訪問ですから、
本当にひとつ間違えば、迎える側にとっては恐怖です。

例えば、どのようなルールがあるのかと言いますと、

夕方17時~夜20時の間にする

訪問しても良い家には、玄関に目印になるように、
ハロウィンの飾り付けがしてあるので、それ以外の
家には行かない

必ず、仮装して行く

以上のようなものです。

これは、なるほど!ですよね。

ハロウィンで訪問する子供に迷惑している家庭もあるんです。

上のほうでルールの一例でもご紹介ましたが、
ハロウィンで訪問可能なお家は、あらかじめ
子供たちを迎える準備をしてくれています。

言ってみれば、“仕込み”の家ですね。

そうではない、訪問することさえ知らなかった家に、
突然、西洋のお祭りの格好をした子供が、英語を
話しながら次々とやって来たら、そのご近所さんは、
本当に困るでしょうね。

また、子供たちが訪問をするという情報が
回っていたとしても、それを良しとしていなくて、
迷惑に思っているお宅に子供たちが行って
しまったら、きっと子供たちも楽しい思いは
できないでしょう。

いろいろな事情から、子供たちに対応することに
迷惑している家庭もあるのです。

そう考えると、あらかじめ、訪問可能かどうかを
見分ける目印を決めておくのは、とても理に適った
ルールであり、それ以外のお宅には行かないというのも
お互いを思いやるステキなマナーだと思いませんか?

さすが、本場のアメリカですね。

きっといろいろな問題を解決しながら、そのルールと
マナーに行き着いたのでしょう。

ご近所さんと言っても、さまざまな価値観や
考え方を持った人が、同じ地域で暮らしています。

そして、それぞれがその時々で、いろいろな事情を
抱えて生きています。

ですから、その行事に賛同できて、尚且つ、
子供たちを笑顔で迎えることができるお宅には、
目印を出しておいてもらう。

そして、そのお宅のみに訪問するようにすれば、
ご近所トラブルは起こらないでしょう。

まとめ

ハロウィンを楽しみにしている子供たちも
増えてきましたが、まだまだ日本で、ご近所を
訪問するまでは、難しい問題もありますね。

そこで、ハロウィンにご近所を訪問して、
お菓子をもらいに行く行事を企画している
パパとママに、ご近所トラブルを避け、
円満に進めることができ、子供たちにも
楽しい思い出にしてもらえるための、
ルールとマナーをご紹介いたしました。

ご近所付き合いは、なにかと気を使うものですね。

できればトラブルは避けたいもの。

そのためには、人それぞれの違う考え方を
受け入れられることが大切ですね。

無理にならず、できる範囲での協力を
お願いしてみましょう。

そして、みんな笑顔でハロウィンを
楽しめるといいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする