スポンサーリンク

刈谷ハイウェイオアシスは子連れに人気

刈谷ハイウェイオアシス

愛知県刈谷市の伊勢湾岸自動車道を走っていると、
観覧車が見えてきて目に留まるパーキング。

それが刈谷ハイウェイオアシスです。

高速道路のパーキングとしても利用できますが、
実は一般道からも入ることができるので、とても
利便性が良いんですよ。

ここ、刈谷ハイウェイオアシスは子供連れでも
まるっと一日楽しめるスポットなのです。

そんな刈谷ハイウェイオアシスの見どころや
おすすめなスポットをご紹介しちゃいますね。

スポンサーリンク

刈谷ハイウェイオアシスで子連れに人気の施設をご紹介!

刈谷ハイウェイオアシスに来て、まず目を引くのは
高さ60メートルの大きい観覧車です。

一周約12分で回るのですが、てっぺん辺りからは
名古屋のほうまで見ることができ、とっても良い
眺めなんですよー。

施設内には、全体がシースルーになっているゴンドラが
4台もあるんですが、当然、足元もスケスケですので、
なかなかにスリリングな観覧ができちゃいます。

刈谷ハイウェイオアシスでは子連れで遊べる公園も!

刈谷ハイウェイオアシスの中には、お子さんが
遊べる岩ヶ池公園があります。

公園内には、ゴーカートやメリーゴーランド、
バッテリーカーなど、小さいお子さんが乗れる
乗り物も充実しています。

しかも、その乗り物の料金はとてもお安くて、
ひとつ50円~100円で乗れてしまうのです!

そのほかにも、アスレチックや林間遊具もあり、
こちらは小学校高学年まで遊ぶことができますよ。

年齢によって利用できるエリアが表示されているという、
親切仕様となっております。

小学生でも楽しめる内容になっていますので、
心置きなく、がっつり遊べんでくださいね。

刈谷ハイウェイオアシスには子連れ向けの水遊び場も完備

これからの夏の暑い時期におすすめな、そして、
お子さんたちが大喜びするそんな場所がここ、
刈谷ハイウェイオアシスにはあります。

それがジャブジャブ、ミスト噴水です。

ここは、地面からリズミカルな噴水が噴射してきたり、
ミスト状の水が噴水してきたり、照明がカラフルに
変わったりなど、とても楽しい場所です。

暑い夏になるとここは子どもたちで賑わいます。

うちの子たちも小さい頃、ここで遊ぶのが大好きで
なかなか帰ってくれなかったことを思い出しました。

濡れても大丈夫な格好で行くか、着替えを用意して
楽しんでくださいね!

遊んだあとは子連れで入れる温泉へGo!

公園や水遊びなどでたっぷり遊んで、
汗をかいたあとは、ぜひここへ。

「天然温泉かきつばた」

ここは内湯、足湯、露天風呂ともに充実しており、
家族みんなで疲れも癒せますよ。

しかも、露天風呂は天然温泉かけ流しですので、
贅沢な気持ちも味わえる。

そんな入浴施設になってます。

刈谷ハイウェイオアシスには子連れで入れるお食事処が充実!

刈谷ハイウェイオアシスには上り下り、それぞれに
パーキングがあり飲食店が多数あります。

両方のパーキングに歩いて行くことができるので、
なにを食べようか迷ってしまうくらい充実しています。

そして、各店で買ったご飯を広いフードコートで食べることも
できるので、家族みんなが違うお店を選んでも、みんな一緒に
食べることができるんです!

人気店も続々と出店してきていますので、
今後がますます楽しみですね。

フードコートの隣にはお土産屋さんも併設されており、
東海地方の名物を数多く販売していますので、ここで
お土産の購入も済ませられますよ。

ほかにも、トイレなのに内装がとてもゴージャスな
「デラックストイレ」なんてものもあります。

床には豪華な絨毯が敷いてあり、トイレ内にはお花が
あしらわれていたり、素敵な調度品が置いてありと、
普通の公衆トイレとは想像もつかないくらいの、
デラックスなトイレなのです。

訪れた際にはぜひ立ち寄って、そして入ってみてください。

それから地元の農産物の販売も行っています。

品数も値段もスーパーに匹敵するくらい!

わたしも買い物だけに訪れることもあります。
ぜひお買い物もしてみてくださいね。

そして、牛池という池の噴水が時間になると、
ライトアップされて噴水のショーが始まります。

光と水の幻想的な時間に感動してしまうこと間違いなし!

冬になるとイルミネーションイベントも行われます。

およそ21万球の光が使われており、光のトンネルや
ラブベンチなど、家族やカップルで楽しめますよ。

まとめ

刈谷ハイウェイオアシスは、実は年間来場者数が
国内3位になったこともあるんです。

これは、東京ディズニーランド、ユニバーサルスタジオ
ジャパンに次ぐ、堂々の3位です。

旅の途中のパーキングだけではもったいない!

立派なテーマパークと言っても、過言ではありません。

ぜひ一度、行ってみてください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする