スポンサーリンク

なぜ!?エアコン掃除をしたのに臭いが取れない!

エアコンのカバー開けたところ

今や、わたしたちの生活になくてはならない
電化製品の一つ、エアコン。

特に夏や冬は冷暖房で、大活躍ですよね。

ところが、エアコンをつけると、
プ~ンと鼻につく臭いが!

「使う前にしっかりフィルター掃除をしたのに、
まだ臭いが取れてない。どうして?」

なんてことはありませんか?

テレビのCMでもやっている、掃除のプロにお願いすれば、
きっとなんとかなる――というか、一番ラク。

そう思いつつも、エアコンのクリーニング費用を
調べているうちに、自力でなんとかできないかなと、
悩み始めたり。

基本的に掃除のプロにお願いしたほうが、
エアコンを壊す心配もなければ、確実に
臭いは取れます。

でも、費用面を考えると、できれば自力で
臭いを取れないか調べてみました。

エアコンから悪臭がする原因がわかれば、
臭いを取る対策もバッチリですよ!

スポンサーリンク

エアコンの送風利用でクサ~い臭いが!どうすれば取れる?

陽炎が揺らめく真夏日。

凍える寒さが厳しい真冬日。

外出先や仕事から帰ってきて、我が家のオアシスである
エアコンの前に立ち、スイッチをオンにした瞬間、
涼しい空気に混じった臭いで気分がガタ落ち……

こんな経験、ありますよね。

なんだか、酸っぱいような臭いだったり、
カビのような臭いであったり、タバコの臭いが
プ~ンとする場合も。

エアコンの取り扱い説明書には大抵、ホコリが
溜まるので、定期的にフィルターの掃除を
するようにと書いてあります。

あなたのお家では普段、どれくらいの頻度で
エアコン掃除をしていますか?

フィルターは、吸気口から吸い込んだホコリや
ゴミをエアコンの内部へ入らせないように
くい止める働きをしています。

エアコンのカバー(蓋)を開けてみると、
簡単に取り外せる仕様なので、不器用な
わたしでも掃除できました!

しかし、そのフィルター掃除をしても、
クサい臭いはまだ残っているんです……

フィルター掃除をしても臭いが残るとき、
どうすればいいのか?

また、掃除のプロに頼まず、家庭では
どんな掃除ができるのかも調べてみました。

まず、エアコンの仕組みを思い描いてみましょう。

エアコンの吸気口から吸い込まれたお部屋の空気は、
内部にあるフィン(熱交換器)を通って、電気の力で
冷媒を介して温度を調節されます。

そして今度は、クルクルと回転するファンから
お部屋へ、ルーバー(風向変更器)を通って、
吹き出される仕組みです。

エアコン内部には、水がかかると壊れてしまう機械が
入っているため、洗剤や水を使って掃除することは、
残念ながらできません。

また、本体のカバーを外す際も注意が必要です。

と言うのは、不用意に力を加えると、内部のパーツが
変形し、故障の原因となります。

なので、自力で掃除できるのは、実は外側の部分だけ。

エアコン内部の掃除となると、やはり掃除のプロに
依頼するしかありません。

自力で掃除できる部分をまとめますと、

①フィルターのホコリや汚れ

②エアコン本体の外側の汚れ

③カバーを外せる機種の場合、カバーを外して手が届く表面

以上となります。

いずれも、ホコリや汚れ落としのみです。

自力でできることは少ないのですが、意外と
カバーの裏にホコリが溜まって、カビが
生えていることもあります。

ここをしっかり掃除して、汚れを取り除くだけでも
違ってきますし、なんとなく空気がキレイになった
ような気分になりますよ。

エアコンのカバーを取り外せるものは案外
多いので、説明書をよく読んで、慎重に
外してみましょう。

しかし、無理は禁物です!

無理やり力任せに外そうとすると、カバーが
壊れてしまうこともあります。

悲しい思いをしないためにも、難しそうだなと
思ったときは自力で掃除するのはやめましょうね。

また、上のほうでタバコ臭がすることもあると
書いていますが、これは家族に喫煙者がいる場合です。

エアコンは室内の空気を取り込み、
冷気や暖気に変えるもの。

ですので、エアコンのクサい臭いは、部屋の空気が
長い間エアコンを通過しているうちに、内部の奥に
溜まった汚れなどから来る臭いと、現在の室内の
空気の臭いが混ざり合って、出てきていると言えます。

お部屋の空気がクリーンなほうが、
エアコンも汚れにくいということですね。

「それなら、臭いの元から断たねば!」

と、意気込んで禁煙を始めるのもいいですが、
あなた自身が喫煙しているなら可能でも、
同居している家族が喫煙者の場合は、禁煙に
協力してくれるかは微妙なところ……

禁煙は無理として、別のなにかで対策を
考えたほうがいいですね。

例えば、お部屋の空気をリフレッシュするため、
こまめな換気を心がけることも意外と侮れません。

また、お部屋の掃除をこまめにして、室内のホコリを
できるだけ溜めないようにすることも大事なこと。

それから、エアコンにはどうしても湿度が
溜まりやすく、カビも生えやすい環境です。

フィンやファンの中にカビが繁殖していたり、
場合によっては、下からのぞくと、ルーバーの奥に
黒いカビが見えていることもあります。

残念ですが、内部に繁殖したカビは自力では
取り除くことはできません。

「内部まで徹底的にどうにかしたい!」

と思うなら、お掃除のプロに依頼することを
検討してみましょう。

実はエアコンの室外機からも臭いが発生するんです

ふと、エアコンの室外機へ回ってみると、
なんと室外機からも臭いが!

室外機は外に設置されているし、常に雨風、
ホコリにさらされているため、汚れていても
問題ないと思われがちですよね。

ですが、室外機に汚れが溜まり過ぎるのも
良くないんです!

そもそも、室外機がなにをしている機械か
ご存知ですか?

室内のエアコン本体の内部では、例えば
冷房運転のときには、熱交換器で熱を
奪うことで空気を冷やしています。

その際、余った熱をどんどん外へ放出して
やらねばならず、ファンを回して外へ逃がす
役目をしているのが室外機です。

そして同時に、エアコンの内部で生じた水分も、
ここに集めて排水する仕組みになっています。

さて、話は戻りまして――

室外機に汚れが溜まり過ぎると、なにがどう
良くないのか?

それは熱や水を排出する仕組みがうまく働かず、
余分に電気を使うことで電気代が高くなったり、
エアコン自体の寿命が短くなってしまう恐れが
あるんです。

なので室外機もこまめに掃除しましょう!

ですが、室外機もエアコン本体と同様、
内部の繊細な派パーツ部分は、電気製品の
プロでなければ掃除できません。

自力でできることは、室外機周辺のゴミや砂、
クモの巣を取り除いたり、外側を雑巾で拭くくらい。

室外機の場合、屋外に設置することを想定しているため、
外側にちょっとくらい水がかかっても大丈夫ですよ。

背面にも目をやり、網目にホコリや泥などが
詰まっていないか確認し、汚れが溜まっていたら、
歯ブラシでかき出したり、ブラシ付きの先をつけた
掃除機で吸うなどして、取り除きましょう。

繊細な作りなので、優しい力でやるよう
注意してくださいね。

また、室外機が臭うとき、下のほうにある
水抜き穴が詰まっていることも考えられます。

出口付近を歯ブラシや割り箸などでゴミを
取り除き、排水しやすくしてやるといいですよ。

ただし、無理に掃除しようとして故障しては
大変ですので、手の届く範囲で、尚且つ、
出口付近だけにしておきましょう。

まとめ

エアコンから悪臭が漂ってくる!

家族からも臭いを指摘され、どうにかしないと
いけないなーと思いつつ、素人になにができるのか
疑問ですよね。

「そもそも、素人にエアコン掃除なんてできるの?」

あまり家電製品に詳しくない人からすると、
自力で掃除するのも壊しそうで不安です。

じゃあ、プロの業者さんに掃除を頼む?

費用面を考えると、できれば自力でなんとか
したいものですよね。

そこで今回の記事では、家庭でもできる、
エアコン本体と室外機の掃除方法について
ご紹介しました。

このような記事を書いておいてなんですが、
掃除のプロに依頼したほうが、エアコンを
壊す心配もありませんし、臭いの元から
消してくれますよ。

自分で掃除できるところを掃除して、それでも
臭いが残るのであれば、掃除のプロに頼むことを
検討してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする