スポンサーリンク

成人の日のお祝い返し 知っておきたいマナーのあれこれ

成人式に着付けした女性

可愛くて可愛くて、
何枚も写真を撮ったあの日から20年――

長いようで短かった、短いようで長かった
子育てが終わりますね。

寂しいようで、嬉しいようで、ホッとしたようで……

でも、やっぱりここまで無事に大きく
成長した姿を見られるのは、親としても
とても嬉しいことですよね。

お子さんが無事に成人式を迎えて、
おじいちゃんおばあちゃんや親戚、
ご近所、お知り合いの方々から
たくさんのお祝いをもらったのでは
ないでしょうか?

さて、そのお返しはどうしよう……

あぁ……子育てが一段落したと思ったのに
また新たな悩みが……

今回の記事では、そんな悩める世の中の
お母さんのために、成人式のお祝いをもらったときの
お返し方法や、お返しに関するマナーについて
詳しくご紹介していきます!

スポンサーリンク

成人式のお祝いのお返しは祖父母にもするもの?

まずは、一番もらう確率の高い。

そして、金額も大きい
おじいちゃんとおばあちゃんへの
お返しについてです。

おじいちゃん、おばあちゃんへのお返しは
ズバリ、不要です。

びっくりするような大きな金額を
いただく場合もあるでしょうが、
それは可愛い可愛い孫への贈り物です。

おじいちゃんとおばあちゃんも
惜しくはないでしょう。

おススメは、成人式の写真を贈ること。

お孫さんの成人式を身近で見ることができない
おじいちゃんおばあちゃんも、きっと喜ぶはず!

我が家では、子供の運動会の写真も

「送ってくれ」

と、催促がありました。

あまり気が引けるようなら、
ちょっとだけ高めのタオルなど、
普段から使える良いものを
贈ってみてはいかがでしょうか?

親戚への成人祝いのお返しに知っておきたい3つのマナー

叔父様や叔母様など、
親戚からお祝いをいただいた場合、
お返しはどうしましょう?

成人祝いのお返しとして、一般的な相場は
1/3から半額程度と言われています。

いただいたものと同じくらいの物をと、
つい思ってしまいがちですが、そうした場合、
いただいたものをそっくりお返しする行為と
受け取られてしまう場合があります。

こちらの善意が、逆の意味に
受け取られてしまっては悲しいですよね。

ですから、ありがとうの気持ちを
モリモリにして、金額は1/3程度に
留めておくのがベターです。

大人のマナーとは難しいものですね。

すでに成人しているご兄弟からいただいた場合も、
おじいちゃんやおばあちゃんと同様、
お返しは不要となります。

しかし、

「やっぱり、なにかお返ししないと……」

と、悩まれる場合は、日常で気軽に使えるもので、
お相手に気を使わせないものがいかがですか?

ちょっと高額なブランケットやタオルは、
なかなか自分用には買えないものです。

また、商品券や図書カードなどでも良いでしょう。

すでに結婚している方へのお返しであれば、
毎日、家事や育児でがんばっている奥様への
スキンケア商品が喜ばれると思いますよ。

また、洗剤の詰め合わせなど、生活の中で
必ず使う日用品もおススメです。

この場合も、成人式で撮った写真を
添えてあげると、先方にも喜ばれますよ!

逆に、避けたほうがいいことは、
なにをお返ししたら良いのか困ってしまって
現金を渡してしまうこと。

もし、自分がお祝いを贈って、
お相手から現金を返されたらいかがですか?

「気を使わせちゃったみたい」
「お返しに困って、現金にしたのね」
「お返しを選ぶのが面倒だったのかな……」

などなど。

思ってしまうのではないでしょうか?

現金が一番使いやすいですし、
あって困るものでは絶対にないのだけれど、

好意をもってお祝いをくれた相手に対して、
現金でお祝い返しするのは、マナー違反と
言えるでしょう。

相手に不快感を与えかねないので、
現金でのお返しは避けたほうが無難です。

まとめ

大人には難しいマナーがたくさんあります。

成人を機に、大人になった第一歩として、
お祝い返しのマナーを学ぶ、良い機会です。

基本的に、おじいちゃんやおばあちゃん、
兄弟へのお祝い返しは不要です。

親戚の叔父さんや叔母さんから、
いただいたときは、半額から1/3程度で
お返しする――

ただし、大人のマナーとして、
現金でお返しするのはスマートでは
ありません。

どうしてもお祝い返しに困ったときは、
洗剤やタオルなど、日常で使える消え物が
オススメです。

ぜひ、ご参考ください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする