お年玉を自分の子供へあげるなら相場はどれくらい?

招き猫とポチ袋暮らし
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

お正月と言えば、
あなたはなにを思い浮かべますか?

お雑煮におせち、初詣――

それから、子供たちの大好きな
お年玉を忘れてはいけませんね!

 

子供の頃は、お年玉をもらう楽しみで
ワクワクするだけでしたが、大人になると、
今度はあげる立場……

 

意外と準備は大変です。

 

親戚と会う予定などあろうものなら、
子供たちの数や年齢を考えて金額を決めたり、
お金を用意したり。

 

中に入れるお札は、新札のほうが
縁起が良いということで、
お正月休みに入る前の銀行では、
両替に長蛇の列ができます。

 

ところが、自分の子供へお年玉をあげるのって、
またちょっと悩みませんか?

 

普段のおこづかいと同じ額だとなんだか味気ない。

 

お祝いだからと言って、あまり奮発するのも
考えものですよね。

 

そこで今回の記事では、お年玉を
自分の子供へあげるときの相場と、
何歳頃まであげるものなのかをご紹介します。

スポンサーリンク

お年玉を親から子供にあげるならいくらが妥当?

自分に子供にお年玉をあげ始めたら、
よほどのことがなければ、毎年
あげることになります。

 

さらに、進学や子供の年齢など、
人生の節目で増額していかねば
なりませんよね。

 

そこで、子供が高校生や大学生になったとき、
お年玉の額がどれくらいになるかというのを
考えて逆算したり、逆に、子供が小さいうちは
あまり高額にしたくないというところで
決めていったりします。

 

その目安として、世の中の相場を調べてみましたら、
以下のようになっていました。

 

幼児期(就園前):500~1,000円
幼児期(3~6歳):1,000円
小学校低・中学年:2,000~3,000円
小学校高学年:3,000~5,000円
中学生:5,000円
高校生:5,000~10,000円
大学生:10,000円

わたしの家も、こんな感じのあげ方です。

 

自分の子供にあげる場合、
他人に気を使ったり、
すり合わせたりしなくていいので、
状況に応じて少し高めな設定にする
家庭が多いようですよ。

 

ちなみに、姪っ子、甥っ子といった
親戚の子供たちの場合ですが――

 

一般的に上記に書いた相場で、
低い金額としている家庭が多いです。

 

赤ちゃんから未就園児の頃は、
逆に金額が少なすぎると感じるのか、
生まれてすぐの場合にはお祝いの意味を込めて、
上記の相場よりも倍額~10,000位まで
増額してあげる人も。

 

とかく、人にあげる際には気を使うものですね。

 

わたしの兄弟は、いつの頃からか、
お年玉に適用する明解な数式を駆使していますので、
参考までにご紹介しますね。

お年玉の金額(円)=子供の年齢÷2×1,000(100円単位は切り捨て)

世間でもこれを使っている人、
意外といるようです。

 

また、幼児の頃は、お金のことはよくわからないし、
紙幣よりも貨幣のほうが喜ぶ子もいたりして、
100円玉や500円玉を使うほうが良かったりもします。

 

わたしの子も、初めて千円札をあげたとき、

 

「なんじゃこりゃ」

 

と、ポイっと投げ捨てて悲しい顔をしたので、
500円玉に変えて渡し直しました。

 

そうすると、今度は嬉しそうに
目を輝かせていましたよ。

 

100円玉よりも大きな500円玉を見て、
「珍しいお金だ!」と。

 

その後、数が多いほうがいいから、
100円玉にしてくれと頼まれました……

 

教えて!お年玉は子供にいつまであげるもの?

さて、お年玉をあげて、子供が喜んでくれるのは
親としても嬉しいのですが、それを何歳まで
続けるものなのか?

 

というのも気になるところですよね。

 

この頃は、猫も杓子も大学に行く時代。

 

そうでなくても、専門学校へ。

 

成人しても、なかなか社会人とはならないこともあります。

 

そんな我が子へ、いつまでお年玉をあげようかと考えると、
わたし個人としては、大学や専門学校などで勉強中の間は、
まだあげたいです。

 

教科書や参考書なども割と高額だったりして、
離れて暮らしていればなおさら、なにかと
お金が必要なことも、生活費がピンチに
なることもあると思うので。

 

自分も苦学生だったから、
そんなことを考えてしまいます。

 

しかし、実家暮らしでなんの不便もない場合や、
日頃の仕送りが高額だったりする場合は、
そんな心配もないでしょうけど。

 

ここは割り切って、二十歳までとか、
大学生は自力でバイトしてくれればいいので
高校生までね、というのもアリだと思います!

 

わたしの子供はまだもう少しかかりますが、
実際にそのときになって、家庭や家計が
どんな状況になっているかで決める予定です。

 

まとめ

普段、毎月のおこづかいを子供にあげていても、
それとは別に、お年玉という、お正月の習慣を
我が子にも教えたいし、喜ぶ顔も見たいですよね。

 

お父さんやお母さんも、子供の頃、
お年玉を期待してわくわくしたり、
喜んだ経験があると思います。

 

また、幼稚園や保育園に入ると、
お友達からお年玉の話をされることもあり、
子供のほうから、お年玉をねだってくることも。

 

親戚がたくさんいて、お正月には親以外から
お年玉をたんまりもらえるという場合は、
両親からもらわなくても、まったく
気にしない子もいるでしょう。

 

そんな事情も考慮した上で、
子供からすると多いに越したことはないお年玉ですが、
できる範囲で親からもあげてもいいと思います。

 

そこで今回は、お年玉を我が子にあげる場合の相場と、
何歳まであげるものなのかについてご紹介しました。

 

自分の子供にあげるので、金額を高めに
設定することもできますが、年齢を重ねた場合も
考慮しつつ、お年玉を用意してあげてくださいね。

 

スポンサーリンク
暮らし
スポンサーリンク
かおりをフォローする
えぶりでいはっぴねす.com