成人式に行かないと親不孝になる!?友人に会うために同窓会に行くのはあり?

成人式暮らし
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

新年1月、全国各地で成人式が開かれますね。

 

新成人になる女性は、一年前から
お気に入りの着物を予約する場合も
あるんだとか。

 

なにかと準備も大変ですが、親子共々
楽しみにしている人も多いでしょう。

 

しかし、中にはいろんな事情があったりして、
成人式には行きたくないと思う人も……

 

ところが、新成人本人が行きたくなくても、
親御さんはいよいよ大人になる我が子の晴れ姿を、
長年楽しみにしてきたかもしれませんよね。

 

そこで今回は、本当は行きたくないけれど、
成人式に行かないのは親不孝になるのか?

 

また、成人式には出たくないけど、
友達に会うために同窓会には出るのはあり?と
心配しているあなたに向けて、
どうすべきか、そのお悩みにお答えします!

スポンサーリンク

成人式に行かないとやっぱり後悔する?

成人式がいつ頃に始まったのか気になり、
ちょっと調べてみましたよー。

 

戦後すぐの頃、敗戦ムードの中、
若者たちに未来に希望を持ってほしいということで、
とある町で行われた、成人を祝う会が
成人式の始まりでした。

 

その後、日本政府がそれにあやかって
成人の日を制定し、毎年1月15日は国民の祝日と定め、
新成人を祝う会――成人式を行うように。

 

ですが、ハッピーマンデー制度を導入してからは、
1月の第2月曜に変わっています。

 

さてさて、そんな成人式ですが、
自治体の主催する式典には、
地元の仲間が集まってくるわけですよね。

 

最近は、学年ごとになっていますので、
同級生たちに久しぶりに会えることにもなります。

 

進学や就職などで地元を離れ、
普段はなかなか会えない友達に会えるという面では、
成人式に出席しないと後悔するかもしれません。

 

では、成人式では、一体なにをしているのか?

 

なのですが、市長や市の要人が祝辞を述べ、
新成人代表の挨拶(「誓いの言葉」を読み上げる)があり、
余興があったり、市町村からの記念品を
いただいたりもします。

 

遠い昔のわたしの成人式のときは、
とある田舎町にある大きな会館でした。

 

大体、上記に書いた流れで成人式が行われ、
終わったら急いで家族の車で帰り、
帰り際に記念撮影をするために写真館へ。

 

確かに、高校時代の友達数人と成人式の前に
会場の入り口付近で立ち話をし、楽しかったのは
覚えています。

しかし、慣れない着物を着ているし、
雪で足元は危なくて、しかも、
それぞれに慌しくて約束もしていなかったため、
結局はそのまま解散してしまいました。

 

当時は、なんと1~12月生まれで切っていたので、
早生まれの友達は成人式に行く年が違っていて、
誰とでも会えるわけではなかったのです。

 

そのせいか、同窓会もその日には
企画もありませんでしたね。

 

その後、改めて夏に帰省するときを狙って、
同級生の誰かが同窓会を企画してくれたのを
覚えています。

 

最近は年度で区切り、学年ごとなので、
成人式と同じ日に同窓会を企画するのも
簡単になりましたね。

 

成人式には行かない!でも、同窓会だけ行くのあり?

もし、成人式に行かなかったら
どうなるかと言いますと、友達から、

 

「あれ?あの子、来てないな。どうしたんだろ?
なにか事情があったのかな」

 

と思われる程度です。

 

そして親御さんは、ちょっと悲しいかも。

 

でも、あなたが行かない!と決めたなら、
あなたがそれでいいなら、きっと大丈夫。

 

ご両親にもわかってもらえると思います。

 

少なくともわたしなら、
子供が行きたくないと言い出したら、
無理強いはできないなと思っています。

 

その代わり、写真だけでも
残してあげたいです。

 

成人するということは、やっぱり、人生において
ある意味、節目でもあり、これからいろいろと
乗り越えていかねばならない試練に立ち向かえるよう、
少しだけ覚悟も自覚も持ってもらいたいからです。

 

ということで、できれば写真館でキリッと
記念撮影だけでもしておきましょう。

 

きっとずっと後で、記念として
思い起こせるものになりますよ。

 

そして、記念写真すらも嫌なら、
写真館でなくても、成人の日のあなたの写真を
撮っておくことをオススメします。

 

そして、成人式に出席しなかったからといって、
同窓会には行けないなんて、そんなことはありません。

 

成人式と同窓会はまったくの別物。

 

「事情があって成人式には出ないけど、
同窓会は行けるから連絡してね」

 

と頼んでおいたり、
そのことを友人たちにも伝えておきましょう。

 

そして、ぜひ同窓会は出席して、久方ぶりに
顔を合わせる友達と語り合い、楽しい
ひと時を過ごしてください。

 

そこからの人生では、ライフスタイルの変化で
バラバラになり、共に学校生活を過ごした仲間とは、
そう簡単には会えなくなるわけですから。

 

まとめ

 

「成人式に行きたくない!」
「でも、成人式に出ないのは親不孝かな?」
「友達には久しぶりに会いたいから
同窓会にだけは行きたいな……」

そう悩んでいるあなた。

 

大丈夫ですよ。

 

成人式は、地方自治体である市町村が行う
お祝いの会のようなもの。

 

それに行かないことと、同窓会とはまた別なのです。

 

同窓会に行けるなら、ぜひ参加して、
友人たちと会える機会を大切にしてくださいね。

 

実は、新成人となる年齢の人でも、
すでに就職していたり、遠くの大学などに
進学していれば、出席できない人もいます。

 

たとえば、自衛隊に所属していると、
地元に帰れない場合も多く、所属先で
成人式があったりします。

 

この頃は、企業でも、地元の成人式に
帰れない社員のために、会社で成人式を
してくれるところもあるそうですよ。

 

たとえ成人式に参加できなくても、
成人するという記念に、あなたの晴れ姿を
写真に残しておくことをオススメします。

 

それは親御さんのためでもあり、
あなた自身にとっても、成人の日の思いを
残すことに繋がるからです。

スポンサーリンク
暮らし
スポンサーリンク
かおりをフォローする
えぶりでいはっぴねす.com