マンション住まいで豆まきする?しない?あなたはどっち!?

節分(枡から溢れる豆)暮らし
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

節分の時期になってくると、
豆まきようの豆を買ったり、
恵方巻きの準備をしたり、
楽しみなことが盛りたくさん!

 

今は節分に豆まきをすることは
メジャーなイベントになりつつ
ありますよね。

 

特に、子供たちにとっては
楽しみな行事の一つでは
ないでしょうか?

 

豆を投げるのも楽しいですし、
食べるのもおいしいですよね。

 

しかし最近は、マンションも増えてきて
家庭ではなかなか豆まきができない……と
感じている方も多いと思います。

 

我が家もマンションなので、
毎年豆まきはどうしたらいいか
悩んでいます。

 

マンションだから、アパートだからといって
豆まきができないからやめようと思う
必要はありません。

 

お子さんと一緒に、家族で豆まきを
楽しめる方法をご紹介します!

スポンサーリンク

集合住宅で豆まきはできない?工夫次第で楽しめます!

まず、基本的な豆まきの仕方は、
炒った豆を用意し、
「鬼は外!」と叫びながら家の外に
二回ほど豆をまきます。

 

そして「福は内!」と叫びながら
今度は家の中に二回、豆をまきます。

 

集合住宅に住んでいる方は、
この鬼は外!のときに家の外に
豆をまくのがとても難しいんですよね。

 

庭がある一階の部屋だといいですが、
二階以上ですと、どこに豆を
まいていいのか悩みます。

 

廊下も共用部分ですので、
勝手に豆をまき散らすわけにもいきません。

 

そんなときにおすすめなのが、
袋入りの豆の小袋を外に投げる方法です。

 

外といっても、このときは
廊下やベランダで大丈夫!

 

小袋に入っているので
豆をまき散らす心配もなく、
すぐに拾うことができますよ。

 

お子さんにとっては、それではちょっと
物足りないかもしれません。

 

ですが、福は内!のときに
家の中に思いっきり豆まきができれば
満足できるのではないでしょうか?

 

外では小袋で我慢してもらい、
家の中で好きなようにまいてもらいましょう!

 

しかし小袋とはいえ、
ほかの入居者の迷惑にならないように
配慮するよう、お子さんには
言い聞かせてくださいね。

 

マンションやアパートで豆まき後、まいた豆はどう処理する?

わたしも昔はそうでしたが、
友達同士で豆まきをするとどうしても
テンションが上がってしまって、
盛り上がって外に豆を
まき散らしてしまったことがあります。

 

家の中で盛り上がればよかったのですが、
どうしても鬼役の人を追いかけて、
外で豆まきをしていたときもあります。

 

もし近所の方の理解が得られるなら、
数分だけ外で豆まきができると
いいですよね。

 

しかし片づけるのは必須です。

 

豆まきの前に、ほうきとちりとりを持っていき、
福は内!に移るときに掃除をしましょう。

 

また、自宅内でもベランダに
豆をまくこともあると思います。

 

もちろん、よそのお家に豆が
行かないようにするのはマストです!

 

そのときも、ベランダが悲惨なことに……と
いうことがあると思います。

 

その際はあらかじめビニールシートなどを
敷いておいて、そこに豆をまいて
すぐに回収できるようにしておくと便利ですよ。

 

思いっきりまくことは
できないかもしれませんが、
外に向かってまくということは達成できますし、
後片付けもとっても簡単です。

 

ですが、やはり豆を単体でまいてしまうと
どこにまき散らしてしまうかわかりませんし、
近隣の方への配慮が必要になります。

 

掃除の面を考えても、
鬼は外!のときにおすすめなのは
小袋のまま投げることです。

 

もし小袋がなかったとしても、
豆をラップに包んだり、
家にある小さな袋に入れて
それを投げるのもアリですよ。

 

まとめ

豆まきをするとき、
集合住宅に住んでいると
いろいろと気を遣います。

 

学校や幼稚園、地域の集まりなどで
豆まきができるといいのですが、
家族でも豆まきを楽しみたいですよね。

 

掃除、そして近隣のことを考えると、
小袋方式の豆まきがとてもオススメです。

 

その分、福は内!のときには
思いっきり家の中に豆をまいてみてください。

 

そして鬼を退治しましょう!

スポンサーリンク
暮らし
スポンサーリンク
かおりをフォローする
えぶりでいはっぴねす.com