衣替えで出した服は洗濯する?しない?

衣替え 暮らし
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

衣替えをしたとき、
タンスや収納ケースから出した洋服は、
洗わずに着ても大丈夫なのか?

 

それとも一度、洗濯してから
着たほうがいいのか?

 

疑問に思ったことはありませんか?

 

念のため、前年のシーズンオフに収納する際、
きちんと洗濯しているので、そのまま着ても
問題はないのではと思う方もいることでしょう。

 

けれど、普通に収納していただけなのに、
洋服からカビ臭いにおいがしたり、
なんとなく黄ばんでいるような汚れが
ついていることもありますよね。

 

衣替えで出した服ですが、
実は、洗濯してから着たほうが
いいと言われています。

 

今回の記事では、その理由について
ご説明します。

スポンサーリンク

衣替えで洗濯しないとどうなる!?

まず衣替えをするときに、
着ていた服をそのまま
しまってしまう方はいますか?

 

衣替えの前は、必ずしまう前に洗濯し、
天日干しをしてしっかり乾かして、
畳んでからしまうようにしましょう。

 

そうしないと、カビの原因となってしまいます。

 

カビは、湿気の多いところを好みます。

 

キレイに洗濯して汚れは
ついていないはずなのに、
なぜカビが生えてしまうのかと
疑問に思うかもしれません。

 

それはただしまってあるだけでも
そこに微量の汚れがあったとしても、
そこからカビは発生します。

 

また服を詰め込みすぎると
密度が高まり、そこから湿気が発生し
カビが生えてしまうことも原因です。

 

ですので、キレイにしまっていただけでも
カビは生えてしまうのです。

 

また、タンスや衣装ケースにしまうとき、
一緒に防虫剤を入れると思いますが、
そのにおいも実は服に付着してしまいます。

 

これはにおいがついたと思ったら
外に干せば取ることができますが、
なんとなく気になりますよね。

 

今回の記事ではそれも踏まえて、
衣替えの後は洗濯してから着たほうが
いい理由をご説明します。

 

衣替え後は洗濯してから着る?そのまま着る?あなたはどっち?

あなたは普段、衣替えをしたときは
洗濯してから着るか、そのまま着るか
どちらでしょうか?

 

わたしは、特に気にならないときは
結構そのまま着てしまっていますが、
入れ替えているときに少しにおいが
気になるかなというものがあれば、
まとめて洗濯しています。

 

しかし、目に見えていないだけで
実は服にはカビが生えているかも
しれませんね。

 

また、衣替えをしていて、
しまう前はキレイだったのに
なぜか出したら黄ばみがある!といった
経験はないでしょうか?

 

わたしも白い服を持っていますが、
すぐ黄ばみが目立つように感じます。

 

これは、洗濯だけでは取り切れなかった
皮脂や汗の汚れが酸化してしまうことが
原因です。

 

ですので、白っぽく黄ばみが目立つ服は
普通に洗濯したり、目立つ度合いによって
酸素系漂白剤につけ置きしてから洗濯すると
割とキレイに落ちますよ。

 

白系統の服は、できるだけ
洗濯してから着るようにしましょう。

 

まとめ

それでは、今回の記事の
まとめと行きます。

 

まず、衣替えで出した服は、
すべて洗濯する必要はありません。

 

各家庭によって、家族の人数と
持っている洋服の数は違うでしょう。

 

すべての服を洗濯するとなると、
時間はかかりますし、干すスペースも取りますし、
水道代と洗剤代もバカになりません。

 

ですので、嫌なにおいがして
外に干してもとりきれなかったもの、
カビが生えてしまったもの、そして
黄ばみがあるものなど
気になる服は、一度洗濯してから
着るといいですよ。

 

ただ、洗濯しなくても着れそうな服も、
軽くしわ伸ばしをして
きれいに畳みなおしながら、
傷んでいるところはないか
チェックしながらしまっていくと
いいですね。

 

そして、衣替えで服をしまうときには、
必ず防虫剤、そして防湿剤を
入れるようにしましょう。

 

虫がつかないようにするだけではなく、
防湿剤で湿気をできるだけ取り除き、
カビが生えにくい環境を作りが大事です。

 

またオススメなのが、
タンスや衣装ケースに
服を詰め込みすぎないこと。

 

服と服が密着しすぎることも、
カビ発生の原因となります。

 

ですので、収納スペースに余裕を持たせ、
着ない服を断捨離しながら衣替えをして、
来シーズンもキレイな服を着ましょう!

 

スポンサーリンク
暮らし
スポンサーリンク
かおりをフォローする
えぶりでいはっぴねす.com