スポンサーリンク

ココアの甘さに癒される

カフェのココア

温かくて甘いココアを飲むと、ほんわかしてきませんか?
一気に体温が上がるわけではなく、じんわり温まってくるような………

ココアを飲むことで感じる、このまったり感
実はこれにもココアの成分が関わっているのです。

スポンサーリンク

ほんわかするココアの秘密

ココアの中には、テオブロミンと呼ばれる成分が含まれています。
このテオブロミンというのは、脳内物質の一つであるセロトニンの働きをサポートしてくれる成分とのこと。

わたし自身、ココアについて調べるまで、名前すら聞いたことがありませんでした。

ココアを飲むとホッとして肩の力が抜けるのは、このテオブロミンがセロトニンに働きかけてくれるからなんですね。

ちなみにセロトニンとは『幸せホルモン』とも呼ばれていて、心の安らぎなどに影響を与える重要な脳内物質です。
現代人はストレスなどが影響して、セロトニンが不足しがちなんだそう。

□セロトニンが不足すると、どういった影響があるのか
軽く調べてみたところ、以下の影響が出てくるようです。

・朝の寝起きが悪くなる

・寝つきが悪くなる

・感情のバランスが悪くなる

そういえばわたし、寝起きがあまり良くないんですよね。
睡眠時間は足りているはすなんですけど………もしかしたらセロトニンが不足しているのかもしれません。

ココアが劇的に寝起きを改善してくれるわけではないと思いますが、体質改善に繋がることをちょっぴり期待して、ココアを飲み続けてみます!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする