大掃除を手伝わない夫をやる気にさせる上手な頼み方

トイレブラシと紺シャツの外国人男性18人間関係
この記事は約10分で読めます。
スポンサーリンク

「旦那が大掃除を手伝ってくれない……」

と、お悩みの奥様は
かなり多いのではないでしょうか?

仕事で疲れているのはわかるのですが、
うちの旦那も以前は、まったく家事を
手伝ってくれませんでした。

なので、ものすご~く
イライラしてしまっていた時期が
わたしにはあったんです。


特にトイレ掃除をするときは

「わたしよりも、旦那のほうが汚すのに……」
「掃除しないならキレイに使ってほしい!」
「それができないなら、自分で掃除してほしい!」

ストレスがたまり、爆発寸前のとき、
ママ友に相談したんです。


そのときに聞いた話が、
実に目からウロコでした!


今回は、悩める奥様方へ
旦那さんを動かす、
とっておきの方法をお話します!


大掃除を夫が手伝わないのはどこも一緒?

世間の旦那さん全員が
大掃除を手伝わないかというと、
そうではないんですよね。


そもそも、

「どうして、うちの旦那は
手伝ってくれないのか?」

まずは、
その理由を知っておく必要があったことを
当時、相談を聞いてくれた
ママ友の話から知りました。


お手伝いしてくれない旦那さんの、
心中は次の通りだったみたいです!


余計な手出しをしないほうがいいと思っている

「家事は女性の仕事だ!」

と、未だに思っている男性は
世の中にはいます。


口には出さないけど、
実際、心の中ではそう思っている男性も。

自分は外で仕事をしているし、
いつも家にいるのはママのほうなんだから、
自分がやるのはフェアじゃないという
意見もあります。

また、いつも家事をママがやっているので、
自分が変に手伝うと逆に怒らせてしまったり、
手間をかけてしまうと考える男性もいるのです。

たとえば洗濯した後の洋服類を、
ママと違う畳み方をすると、

「そんな風にたたまないで!」

と、怒られるのではないか?とか、
逆に時間がかかってしまうのではないか?など、
思われるみたいです。

自分が手伝うことがママにとって、
ネガティブな結果を招くなら、
自分は最初からやらないほうがいいと、
考える旦那さんがいるんですね。


どこになにがあるのかわからない

①でお話ししたことと、
少し共通していることかもしれませんが、
家事のほとんどを奥さんがやるご家庭では、
奥さんがやりやすいように
家の中がカスタマイズされている場合が多いです。

どこに、なにを、どういう風に置くのか?


それをちょっとでも変えたとき、
ママが嫌な気持ちになるのでは?と考えて、
掃除道具すら触りたくないと
思っている旦那さんもいます。

たとえば、先ほどの衣類についても
奥さんの望む形で畳んだはいいけど、
下着・靴下・トップス・ボトムスなどなど……

「どこになにをしまえばいいのか?」と
なってしまうのです。

いつもママがやっていて
ママ仕様にカスタマイズされているので、
衣類をしまうときでさえも
旦那さんは困ってしまうんですね。


面倒くさい(散らかったままでいいと思っている)

そもそも、すべての理由の根本は、
“面倒くさい”なのですが(笑)

どうせ片づけても汚れるんだから、
散らかったままでいいじゃないかという
男性が割と多いです。


うちの旦那がこの考えの持ち主でした。

「少しずつ掃除する習慣をつければ
そんなに手間も時間もかからないじゃない!」

というのが、
わたしの当時の気持ちです。


イライラして旦那の書斎を
その頃は掃除することをしばらく
やめていたのですが、
あの頃の旦那の書斎は悲惨でした。

ペットボトルのゴミ、
ビールの空き缶はもちろん、
床にたまったホコリ――
(リビングにそのホコリを
足につけて連れてくるほど)

それに、積み重なった使用済みタオル、
読まなくなった雑誌や新聞の山など、
その部屋のドアを開けるのすら
わたしは嫌でした。

「なんで掃除しないの?」

と、旦那に聞いたときに
返ってきた返事が、

「あとでまとめてやるよ」

でした。


ずっと待っていましたが、
旦那が自主的に掃除をする日は
残念ながら来ることはありませんでした。


汚れていると思っていない

当時、とてもびっくりしたことがありました。


旦那の書斎の掃除を
わざとしないようになって
約2週間がたった頃。

久しぶりに
旦那の書斎のドアをあけると、
異様な臭いが鼻に入ってきました。


室内を見てみると、
空のペットボトルや缶が
置きっぱなしになっていたんです。

部屋の1ヶ所にまとまっていたのですが、
虫がわくのではと心配になって、
いよいよ旦那に

「ねえ、部屋のペットボトルと缶、
片づけないの?臭いもすごいよ……?」

と言ったところ、

「え……?臭い?そうかな?」

と、真顔で返ってきたんです。


そうなんです。
旦那は、臭いにまったく
気づいていなかったのです。


“汚している”という自覚が
全然なかったんだと、
当時を思い返してそう感じました。


旦那に大掃除をやる気にさせる方法

さて、年末の大掃除を
手伝ってほしい奥様方に、
例のママ友がやって成功したという、
感動の秘策を次にお話したいと思います!


興味を持たせる方法を編み出す

そのママ友の旦那さんは
機械や新製品が大好きだったそう。


その心理を利用しようと、
わたしのママ友は旦那さんに
新製品の掃除機を買いに行かせたんです。

電気屋さんに行った旦那さんは、
帰宅するとうれしそうにその掃除機を箱から出して、
その日から掃除機をかけるようになりました。


しかも、ママ友が掃除機を
使いこなせないでいるときは、

「こういう隙間は、
こうやってホコリを取るんだよ!」

と、得意げな顔で
アドバイスまでしてくるほどだったのです。


大掃除の掃除機担当ももちろん、
旦那様になったのでした。


自分ばかりがんばっていると思わせない

大掃除の始め、役割分担を決める際に、
あれもこれもと旦那さんにたくさん
お願いするのはいけません。


これから大掃除を始めます!というとき、
旦那さんに

「トイレ掃除と、お風呂掃除と、
洗車と、エアコン掃除と、窓ふきと……」

みたいに、あれもこれも
やってほしいことを連ねてしまうと、

「ええ……そんなにやるの?」

と、ゲンナリした顔で
最初からやる気をなくしてしまいます。


本当はこちらサイドと同じくらいの
掃除量をお願いしただけだとしても、
旦那さんの側からすると、

「なんか、自分のほうがたくさん
やらされているんじゃ……?」

と、不公平感を抱いてしまいます。


そういうときにいい方法なのが、
掃除の分担表を作って、
誰がなにをやるのかを
明確に認識させることです。

また、この分担表を使う際は
必ず旦那さんの仕事量のほうが
少なくなるように心がけましょう。

こうすることによって、
相手のほうががんばってくれていると
パッと見ただけで感じてくれるのです。


家の中のルールを共有する

先ほど、旦那さんが
なぜ大掃除を手伝ってくれないのかを
その理由をお話ししましたが、

どこになにが置いてあるのか?
どこになにをしまえばいいのか?

などのルールを
旦那さんと共有していくことは、
家事を旦那さんにやってもらう上で
とても大事なことなんです。

なかなか覚えてもらえない場合は
収納スペースにしまうものを
書き込んだシールなどを貼って、
誰が見てもわかりやすくしてしまうのがベスト。

衣類の畳み方みたいなことは、
言葉や文字では共有しづらいです。


そういう場合は、
コミュニケーションをとる意味合いも含め、
一緒に畳みながら、ときに
旦那さんのやり方に合わせていきながら、
共有していきましょう。

そうすることで、
“家事を手伝っている”という認識ではなく、
“家事を一緒にやっている”という、
認識に変わっていきます。

やらせるのではなく、
一緒に協力し合うという、
対等な立場であることを
忘れないのが大切なことなのです。


ご褒美をあげる

旦那さんの好きなものはなんですか?

たとえば、
手伝ってくれたら
ご褒美のビールや、お寿司、ステーキなど
旦那さんの好きなものを
奮発してあげちゃいましょう!


いわゆる、
馬のニンジン作戦です(笑)

逆の立場でも、
がんばった先にとても楽しみなことが
待っていると思ったら、
やる気になっちゃいませんか?

また、お手伝いの後の
ご褒美を連続してあげることにより、
次のお手伝いにも繋がってくるのです。


ぜひ、やってみてくださいね。


自分がいなきゃダメなんだ!と思わせる

どんな男性でもほとんどのヒトは、
自分は頼りにされている!と感じたら、
うれしいもの。

「あなたが必要だ」
「あなたしか、できないことなんだ」
「あなたがやらないと、絶対にダメなんだ」

などなど、
お手伝いを頼む際の
言い方を考えてみましょう。


そして、旦那さんがお手伝いを完了させた後は、
いっぱいほめてあげましょうね。

「やっぱりあなたがやると、
こんなにきれいになるのね!」

この一言だけで、

「またやってあげてもいいかなぁ?」

と、思わせることができるのです。


めいっぱい
ヨイショしてあげましょうね!


夫を動かす上手な頼み方のコツ

旦那さんに、片づけをお願いするとき

「自分の書斎は自分で片づけてよね!」

という、
キツイ言い方をしていませんか?


これでは、旦那さんは動きません。


まず、片づけると言われても
なにをどうすればいいのか、
旦那さんは本気でわかっていません。

「書斎のゴミを捨てる」
「書斎の床に掃除機をかける」

など、
具体的に伝えてあげることが、
まず1つ、大事なことです。


また、

「〇〇しておいてよね!」

という、
なにかを“やらせる”“押し付ける”言い方だと
相手はどうしても、
やる気がなくなってしまうのです。

こういう場合は、
「〇〇してくれると
わたしはとっても助かっちゃう」

など、

「自分はこうしてほしい!」

ではなくて、

「あなたがこうしてくれると〇〇!」

と言った、
相手を主語にした
言い方(相手を主体に考えた言い方)で
頼み事をすると、だいぶ旦那さんに伝わる印象が
変わってくるんですよ?

また、旦那さんにお手伝いをお願いする際は
タイミングがとっても大事。

男性は女性と違って、
同時に複数のことをこなすことが
苦手な人が多いのです。

1つ1つ片づけていくので、
なにか頼み事をする際は、
テレビがCMに切り替わったタイミング、
たとえば、

「テーブルの上をキレイにしてほしい」

ということを伝えましょう。
しかしこのとき、

「テーブルの上をキレイにしてほしい」

この一言だけでは、
旦那さんには伝わりません。

「テーブルのゴミを捨ててほしい」

ということを伝えてから、
ゴミを捨ててもらったあとに

「布巾でテーブルを拭いてほしい」

ということを、
1つ1つ伝えましょう。
男性は、察する力も女性に比べて
低いのが一般的なのです。

「キレイにするって言ってるんだから、
そこまでやらなきゃいけないことくらい
わかってよね!」

こんな風に
あなたは思われるかもしれません。


少し面倒くさいかもしれませんが、
それが男性の性質なのです。


そこだけは大きな目で見てあげましょう。

また、なにかやってくれたら
絶対に感謝の気持ちを伝えるのを
忘れないでくださいね。

手伝いをすることによる見返りを
求めてやったわけではないにしても、
奥さんからの、

「ありがとう、助かったわ」

この一言が、あるのとないのとでは全然、
気持ちが違います。

感謝の気持ちを伝えない場合、
もしかしたら次回から
なにもしてくれなくなるかもしれません。


「ありがとう」を伝える。


これは最低限、
絶対にやりましょうね。


旦那さんに大掃除を手伝ってもらう方法まとめ

旦那さんが大掃除を手伝わない理由は、
4つあります。

①余計な手出しをしないほうがいいと思っている
②どこになにがあるのかわからない
③面倒くさい(散らかったままでいいと思っている)
④汚れていると思っていない

4つの理由を踏まえて、
大掃除を手伝ってもらう方法は、
以下を参考にしてください。

①興味を持たせる方法を編み出す
②自分ばかりががんばっていると思わせない
③家の中のルールを共有する
④ご褒美をあげる
⑤自分がいなきゃダメなんだ!と思わせる

さらに、
旦那さんが自主的に、
気持ちよく大掃除を
手伝ってくれるようになる方法も
ご紹介しますね。

「わたしはこうしてほしい!」

ではなくて、

「あなたがこうしてくれると嬉しい!」

上記のように、
相手を主語にした
言い方(相手を主体に考えた言い方)で
頼み事をしてください。

それから、
男性は同時に複数のことを行うのが苦手。


旦那さんの手が空いているとき、
1つ1つやってほしいことを
お願いしましょう。


そして最後に、
とっても大事なことを
お伝えします。

今回ご紹介した方法で
旦那さんに大掃除を手伝ってもらったら、
必ずお礼の言葉を言ってくださいね!


そうすれば、大掃除のとき以外でも
自主的に動いてくれるようになりますよ。

関連
家事を放棄する共働きの旦那
共働きなのに家事をしない旦那

スポンサーリンク
人間関係 暮らし
スポンサーリンク
かおりをフォローする
えぶりでいはっぴねす.com