エコな湯たんぽで冬の夜もあったか

ダイソーの湯たんぽ暮らし
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

物心ついた頃からお世話になっている『湯たんぽ』
冬の健やかな安眠を確保するため、わたしには欠かせない大切なアイテムです。

今は電気毛布といった便利な暖房器具がありますけど、電気代を考えるとなかなか手は出せません。
でも、湯たんぽならお湯を沸かすガス代だけ。
とっても経済的です。

スポンサーリンク

冷たい布団で眠るのは拷問にも等しい

せっかくお風呂に入って全身がホカホカになっても、冷えた布団に入ると一気に体温を奪われてしまいます。
どんなに部屋を暖めたところで、布団の中までは暖まらないんですよね。

冷たい布団では、なかなか寝つけません。
そこで登場するのが湯たんぽです!
沸騰させたお湯を湯たんぽに入れて、専用の袋などに包んで布団にINするだけ。

スキンケアを行うもよし。
髪を乾かすのもよし。
好きなドラマを予告まで見るのもよし。

あとは寝るだけという状態で布団に入ると、あら不思議。
ちょうどいい温かさが、あなたを待っていますよー。

スポンサーリンク

湯たんぽ本体も良心的な価格

湯たんぽが売っている場所は、基本的にドラッグストアやホームセンターですかね。
サイズは小さいけど、ダイソーにも置いてあります。
本体のお値段は1000円で足りるくらい、良心的な価格です。

ダイソーの湯たんぽ

上記の画像は、わたしが実際に使っているダイソーの湯たんぽです。
使用感はまぁまぁ、かな?
やっぱり小さいので、冷めるのも早いんですよね。

それでも昨シーズンは、ダイソー製の湯たんぽで真冬の寒さもどうにか乗りきったわけですが、買い替えたほうがいいかなーと悩み中。
ちなみにお値段は100円じゃなくて、200円だったような………湯たんぽ専用の袋もありません。
そのままではヤケドしてしまうので、フェイスタオルを袋代わりにして使ってます。

ホームセンターなどで売っている湯たんぽですと、朝まで温かさが持続するのですが、
この温かさは癖になっちゃいますよ。
部屋が十分に暖まっていない時、布団から出られませんから!

スポンサーリンク

デメリットがないわけではない

メリットだらけに思える湯たんぽですが、人によってはデメリットに感じる部分も。

・お湯を沸かすのが面倒

・割と重い

・油断すると低温ヤケドする

・ぬるくなった湯たんぽのお湯を捨てるのが手間

思いつく限りでは、このくらいでしょうか………
上記のデメリットがあっても、わたしは湯たんぽをオススメしたいです!

スポンサーリンク
暮らし
スポンサーリンク
かおりをフォローする
えぶりでいはっぴねす.com