レンジのお皿が割れたら使えない?ターンテーブルの代用品はある?

レンジの中暮らし
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

レンジのお皿が割れちゃった!


電子レンジは今や必需品ですから、
使えないと困りますよね。


かといって、
回転皿が割れただけなのに、
なかなかレンジごと
新しく買い替える気にもなりません。

そんなとき、なんとか「お皿だけ」を
購入できないでしょうか。


あるいは、なにかお皿の代用品に
なるようなものはないでしょうか。

そんな疑問にお答えして、
今回は電子レンジのお皿だけの購入と、
代用できるものをご紹介します。

電子レンジは回転皿なしでも使える?

電子レンジの回転皿が割れてしまったけど、
どうしてもレンジを使いたい!

そんなとき、
回転皿なしても問題なく使えるのか
気になりますよね?

電子レンジには大きく分けて、
ターンテーブル式とフラットテーブル式の
2種類があります。


回転皿、つまりターンテーブルがあるのは前者。

この方式の電子レンジは、
横側からマイクロ波が出るようになっていて、
食品を回転させることにより、
そのマイクロ波をまんべんなく照射して、
食品を加熱する仕組みです。

後者のフラットテーブル式のレンジは、
コンビニで使われているような、
中にお皿がなく“回らない”レンジで、
最近は家庭用も出ていますよね。

ターンテーブル式のレンジの場合、
もし回転皿がなくても、
スタートボタンを押して作動すれば、
使用することは可能です。


しかし、回転皿がないと、
皿の下の台座が回らないかもしれません。

たとえレンジが作動しても、
食品が回転しないことには均一に温まらず、
一部にだけマイクロ波が当たるので、
加熱ムラがひどくなってしまいますよね。

ですから、
ターンテーブル式で回転皿がないと、
使えるといってもレンジの温め機能としては、
やっぱり不十分だということになります。


電子レンジのお皿だけ購入することはできる?

電子レンジのお皿が割れて、
レンジがうまく使えないとき、
もしお皿だけ購入することができたら、
レンジを買い替えなくて済みます!

レンジは意外に高額ですから、
壊れたわけでなければ、
丸ごとの買い替えはもったいないですよね。

お皿のみの購入ができるなら、
ぜひそうしたいものです。


というわけで、
レンジ毎の専用のお皿を手に入れるには、
次の方法がありました。

家電量販店に直接お取り寄せを依頼するか、
ネットでも大手の通販サイトで購入可能です。


その際、どちらにしろ、
お使いのレンジのメーカー名と型番が必要です。

レンジ本体のどこかに
シールが張ってあるので、
確認してみましょう。

それさえわかれば、
適正な専用レンジ皿、
または純正でなくてもメーカー互換性のある
比較的安価な皿も買い求めることができ、
価格は2,000~3,000円くらい。

メーカー名と型番がわかると、
皿の大きさや形などがわかりますから、
ネットの通販サイトでは、
価格の安いものがありますよ。

そしてさらに、
なにか代用品があれば、
専用のお皿が手に入るまでの間も、
レンジが使えますよね。

レンジって、現代の生活では
今やないと不便なものですから。

レンジ皿の代用品として使うものは、
まず耐熱性で、金属の飾りなどが付いてない(※)、
陶器製やガラス製のお皿のようなものや
パイ皿のようなものなら使用できます。


キッチンを探ってみましょう。


※金属製のものがレンジ内にあると、
スパークして火花が出るため、
とっても危険ですから注意しましょう。

また、100円ショップにも、
そういった使えそうなお皿がありますよ。

ただし、自動で加熱時間を調節してくれる
セレクトボタンなどのメニューを使うと、
皿の重量が違うため、長すぎたり短すぎたり、
うまくいかないことが予想されます。

代用品でレンジ加熱をするときは、
自分の目と手で確かめながら、
手動でタイマー合わせをして、
調節するほうが良いですね。

それに、代用品のときには、
下の台にぴったりはまらないため、
皿がうまく回らないことも。

1向からしか電磁波が当たらず、
食品が部分的に温まらないことがあります。

そんなときは、
2~3回に分けて位置をずらして加熱するなど、
工夫してみてくださいね。


まとめ

なにかを温めようと思うとき、
ボタン一つでOKな便利な家電
電子レンジは、1家に1台、必需品ですね。

それなのに、
うっかり回転皿を割ってしまった!


そんなとき、
レンジ本体は壊れてないのに、
買い替えるのは嫌ですよね。

電子レンジのお皿だけを
購入することはできるのか?


そんなあなたの疑問にお答えすると、
レンジのメーカー名と型番がわかれば、
購入することが可能です。

そして、新しいターンテーブルが
手元に届くまでもレンジを使いたいとき。


回転皿がなくても、
電源が入るならレンジは使えるので、
代用品として耐熱でレンジ可な陶器製や
ガラス製の食器などが使えます。

しかし、台座が回転しない場合、
加熱ムラが発生することもありますので、
目で確認しながら、手動で調節してくださいね。


スポンサーリンク
暮らし
スポンサーリンク
かおりをフォローする
えぶりでいはっぴねす.com