スポンサーリンク

北海道在住が教えるツルツル路面の歩き方講座

よちよちジェンツーペンギン

雪国以外で雪が降ると、ほんの数センチの雪でも、慣れていない方は大変ですよね。
通勤や通学で慣れない雪道を歩く姿は、まるで生まれたての小鹿のよう。
たとえ、乾いた路面を歩くより時間がかかったとしても、転ばずに目的地まで到着することができればいいのですが、運が悪いと転倒する可能性もないとは言い切れません。

そこで本日は、ツルンツルンの路面でも転びにくい歩き方をご紹介したいと思います !
ちょっとした歩き方を意識することで、雪国以外の地域で雪が降ったとしても、颯爽と歩くことができますよ。

スポンサーリンク

習うより慣れろが正しいかもしれない

転びにくい歩き方とは言っても、特別なことはなにもありません。
コツさえ掴んでしまえば、誰でも雪国育ちのように歩けるようになりますよ。
では、さっそくわたしなりの転びにくい歩き方を伝授しますねっ。

①歩く時、歩幅は小さくテンポ良く
乾いた路面を歩く時より、歩幅は小さめにしましょう。
言葉で説明するのは難しいのですが、ペンギンみたいな歩き方をイメージするとわかりやすかと思われます。

わたしがアイスバーン状態の道を歩く時、なるべく膝を曲げないようにしてます。
なんで ? と聞かれると返答に困りますが、これまでの経験則で膝を曲げるように歩くと滑りやすい気がするんですよね。

脚の付け根から一歩踏み出すようなイメージで、スッスッスッとテンポよく歩く。
逆にゆっくり歩こうとすると滑ります。

②かかとで着地しない
理由としては、かかとから着地すると持ってかれるからでず。
なので、足の裏全体で地面に着地するように歩いてみてください。

アイスバーンの上を歩く時、足の指先に力が入っているような………いや、体重かな ?
ちょっとだけ前傾姿勢になっているかもしれません。
姿勢をほんのちょっと前のめりにすることで、バランスを取っているのかも。
たしか、ペンギンもそんな感じで歩いてますよね。

足の親指と人差し指の辺りに体重をかけるように、かかと全体で着地していく。
これを意識するだけでも、転びにくくなります。

なぜ、雪国出身者はツルツル路面でも転ばないのか

雪道の歩き方を身体が自然と覚えるから、滅多なことでは転ばないのかもしれません。
なので、雪国出身でも小さい子は普通に転んでますね。

わたしも小学校の低学年頃まで、友達とよく転んでました。
横断歩道の真ん中で転んだ時は恥ずかしかったです。すぐ近くで信号待ちしている車の運転手が、他人事のように笑って見てるんですから………

冬場はあまり外を出歩かないということもありますけど、ツルンツルンの路面に慣れた今となっては良い思い出です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする