スポンサーリンク

初詣とおみくじと

おみくじ開ける前

歩いて 5 分ほどのところにある小さい神社まで、初詣に行ってきました。

あなたは、神社にお参りするときの正しい作法はご存じですか ?
こちらのまとめサイトで詳しく載っていましたので、参考にまでにどうぞ。

神社に参拝に向かうと、まず神社の鳥居を潜ります。そして、手水舎(てみずや・ちょうずや)があります。そこで、手や口を清めます。更に進むと拝殿などがあります。これら…

ちなみに、わたしが行ってきた神社に手水舎はあったものの、肝心の水は出ていませんでした………
わたし以外に参拝者は一人もいなかったので、仕方ないですよね。
家を出る前、念のために歯みがきしておいてよかったです(………よかったのかな ? )。

スポンサーリンク

ドッキドキ ! おみくじの結果は ?

お参りしたあとは、おみくじを引いてみました。

おみくじ

運勢は小吉………上から三番目でしょうか ?
それぞれの意味で、特に気になっているものを以下にあげていきます。

願望
『至誠の心で事に当たれば万事解決し、叶います』

至誠の心ってなんだろうと思って調べてみたら、きわめて誠実なこと、まごころという意味らしいです。

上記の文章をわたしなりに訳すとしたら………

『誠実に、まごころを持って物事に取り組めば、万事解決して願望は叶う』

という意味になるのだと思います。
真面目にコツコツが大事ということですね。肝に命じておきます。

待人
『誠心が通じ、来ます』

誠心とは、偽りのない心、まごころという意味です。
ここでも『まごころ』が来るって、どんだけわたしは不誠実な人間だと神様に思われているのかしら………
わたしほど誠実な人間はいないと思うんですけど ←

上記の文章を訳します。

『偽りのないまごころが通じると、相手は来るでしょう』

人間関係では誠実であれってことですかね。
ちなみに、待人というのは、自分にとってのキーパーソンにあたる人物のことを指しているとのこと。
例えば、恋愛や結婚を望んでいるとしたら、異性を紹介してくれる人が現れたり、恋人候補や結婚相手が現れる可能性があるかもしれません。

恋愛
『自己主張ばかりしないで、譲り合えば成立します』

訳すまでもないですね。
わたしが、わたしが、と自分ばかりが中心となって話をするのではなく、相手の話にも耳を傾ける、聞き役に徹する気持ちを持ちましょうと、意味しているのだと思います。
はてさて、普段から聞き役の人はどうすればいいんでしょう。
逆に相手にばかり話をさせるのではなく、自分からも話をしてみようねという解釈でも大丈夫でしょうか ?

おみくじの見方がわかると面白い

おみくじって運試しの要素もあると思うんですが、各項目の意味を読み解いていくのも面白かったです。

あなたは今年、おみくじを引きましたか ?
吉凶で一喜一憂した後は、その下の各項目の意味も一緒に読んでみると、なにかしらの気づきを得られるかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする