スポンサーリンク

常にいい気分でいなくても大丈夫

駄々をこねる新卒の牛

引き寄せの法則を知ったばかりの頃のこと。
ネガティブなことを考えていると、ネガティブな出来事を引き寄せてしまうからいつもいい気分で、ポジティブなことを考えなくちゃいけないと思ってました。

だけど、社会で生きている以上は常にいい気分ではいられませんよね………
上司の無茶ぶりとかー。お客様の無茶ぶりとかー。やらなきゃいけないことは山積みなのに時間が足りないだとかー。

こうやって毎日の生活に忙殺されていると、いい気分で過ごそうと思っていたことすら頭からスポーンと抜け落ちてしまいます。

スポンサーリンク

凡人は凡人故に日々のメンタルは変化する

それにやっぱり、日々のメンタル状態は変化しますから、気分転換が上手な方以外は、ずっと一定の良い感情をキープし続けるのは困難ではないでしょうか。
わたしにはとてもじゃないですけど無理です。できません。
基本的にネガティブで、すぐ他人の言動に振り回されてしまうんですよね。
じゃあ、どうすればいいんでしょう ??

○忙しくて心が荒んでいる時は、まずそれに気がつく

○ちょっと深呼吸して気持ちを落ち着ける

上記の二点を意識するようになってから、ポジティブでもネガティブでもない、中庸の状態をキープできるようになりました。

わたしなりのやり方

以下に書いているのは、ほんの少しでもいい気分に戻るために、わたしが意識していることです。

『あ、今ちょっとバタバタしててイラッとしてる』

(作業の手をちょっと休めて深呼吸)

『さて、どうすればいい気分に戻れるかな』

脳がいい気分に戻れる方法を探し始める

気がついたら、イライラがほんのちょっと落ち着いてくる

あまりにも忙しくて、どうしようもないほどイライラしてきたら、こんな感じで気分を切り替えるようにしています。
コツというか、ポイントになるかわかりませんが、イライラしているなと自覚した時は蓋をしないように気をつけてます。

『あ、今ちょっとイライラしてる・・・だめだめ、明るく前向きでいないともっとイライラする出来事を引き寄せちゃう』

自分が感じた気持ちをなかったことにすることが、上にも書いた蓋をするという行為になります。
蓋をしているとは気づかず、ついやってしまいがちですよね。
わたしもまだまだ未熟者なので、すぐにイライラしちゃったり、どよ~んと落ち込んでしまうことも。
ですが、それを悪いこととは思わず、上手に気持ちを切り替えていくほうが、結果的にイライラもネガティブな感情も長引くことはないのかなーと思いました。

ひとつの考え方として、参考になさってください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする