生理痛がつらいとき、温めると楽になる場所とは

ダイソーの湯たんぽ 美容・健康
スポンサーリンク

約 2 ヶ月ぶりに生理が来たため、生理痛がいつもより重かったです。
昔から生理の初日限定で生理痛に悩まされていたので、一日目だけ乗りきれれば、それ以降は何事もなく過ごせるのですが、その一日目がつらいです。
できれば、鎮痛剤には頼りたくない………
そんなとき、仙骨と丹田を温めると楽になる方法を知り、さっそく試してみました。

スポンサーリンク

仙骨を温めるとじんわり汗ばんでくる

仙骨の場所は、お尻の割れ目より上にある平べったい骨を指します。
ここをカイロや湯たんぽなどで温めると、生理痛緩和に期待できるそう。
残念なことに、貼れるホッカイロのストックはなかったので、一昨年の冬にダイソーで購入した小さい湯たんぽと、あずきのチカラお腹用を交互に使ってみました。

わたしの場合ですが、お腹の痛みはまったくなく、腰の痛みのほうが強いです。
なので、うつ伏せの状態で湯たんぽや、あずきのチカラを仙骨の上に乗せてみました。

ヤケド防止のため、服の上に乗せたので温かさを実感したのは、しばらく経ってから。
じ~んわりと、湯たんぽやあずきのチカラの温熱が肌に伝わってきました。
一気に加熱するのではなく、ゆっくり体温を上げてくれるのがいいですねー。
自然と冷めてくるまで、そのままの状態に。

完全に冷めてから起き上がると、乗せていた部分はポカポカしているだけでなく、少し汗ばんでいました。

スポンサーリンク

丹田を温めるときはあずきのチカラがいいかも

仙骨周辺を温めたあと、今度は仰向けになって丹田を温めてみました。
丹田の場所は、おへそから指三本ほど下にあるツボです。
お腹に近いので湯たんぽは使わず、あずきのチカラお腹用のみを使用しました。

あずきのチカラはレンジでチンするだけという手軽さはありますが、服の上から温めるにはちょっと力不足。
なので、服の中に入れてみました。
低温ヤケドに気をつけようと思っていたので、あずきのチカラが肌に触れないように、インナーの上から温める形です。

普段、あまり冷えは感じていないわたしですが、お腹の辺りを触ると若干ひんやりしているので、ゆっくり温めてくれるあずきのチカラは気持ちよかったです。

スポンサーリンク

温めた結果

生理痛に関しては、温める前より少し楽になった程度。
鎮痛剤を飲んでいないので劇的な沈痛効果はありませんでしたが、子宮周辺を温めるというのは生理痛に効果的なようです。

冷えに関しては、万病の素、百害あって一利なしとも言われていますから、生理以外の時も仙骨を温めてみてはいかがでしょうか ?
腹巻きをするだけでも違いますよ。