寒気が強いとき、お風呂に入る ? 入らない ?

旅館の大浴場美容・健康
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

先週辺りから風邪を引き続き始めていて、とうとう今日、早退しちゃいました………
出勤前の体温は 37 度。休憩中の体温は 38 度近く。
ちょっと熱っぽいかなと思っていたら、後輩たちから帰宅を命じられる始末です。
公休だった上司に連絡し、そのまま早退という流れに。

咳が出始めた以外は、少し熱っぽいだけ。普段より早く帰れてラッキーだったなー。
そう楽観的になっていた矢先、尋常じゃない寒気に見舞われました。
わざとやってるんじゃないのと言われそうなほど手は震え、そのまま全身がブルブルと痙攣するように震え始め、暖房の前を陣取っていてもとにかく寒かったです。

寒気がするとき、入浴するべきか否か

あなたは寒気が強いとき、お風呂に入りますか ?
それとも、悪化させないために入りませんか ?

ネットで調べてみたんですが、風邪のときにお風呂に入らないほうがいいとされていたのは、昔の日本の住宅環境によるものらしいです。
その理由としては以下の通りです。

昔の日本では、お風呂と言えば銭湯が主流だった
現在の日本では、家の中にお風呂がついていて当たり前ですよね。
しかし昔は、お風呂がない家のほうが多かったため、銭湯を利用していました。
風邪をひいたとき、せっかく銭湯で身体を温めたとしても、帰宅する途中で湯冷めするため、かえって風邪を悪化させてしまう要因に。
なので当時の日本人は、風邪のときはお風呂を控えて、安静にしていたようです。

現在ですと家の気密性も高くなっているので、湯冷めすることもありません。
自分の体調と要相談ですけど、わたし個人としてもよほど具合が悪くないとき以外は、できるだけお風呂に入りたいです。
その理由は、寒気がつらいから。

厚着をしても、暖房の前を陣取っていても、一向に温まらない身体。
そういうときにお風呂に入って、外側から身体を温めるようにしてます。
もちろん、トイレに行くのも大変なほどフラフラ状態なら、おとなしく安静しますよ。

本人の体調次第ではお風呂に入ってもいいと思う

今日のわたしは熱があるとか、咳や鼻水などの風邪特有の諸症状のほか、寒気がひどい以外に、体調の悪いところは特にありません。
風邪特有のダルさや関節の痛みもなく、普通に歩けます。
むしろガタガタ震えたまま布団に入っても、良くなるどころか悪化しそうでした。

とにかく暖かいお湯に浸かりたい !
お風呂に入って悪化したら、夜間の病院に行こうと思い、お湯張りの準備を開始。
浴槽にお湯が溜まるのを待っている間も、とにかく寒くて寒くて………その場で足踏みをしながらガタガタ震えてました。
お湯張りが完了すると、全身に鳥肌をこしらえながら浴槽にドボン。

『気持ちいい~』

凍えきった身体を温かいお湯が包み込んでくれました。
もう、幸せ………
自分が風邪っぴきであることも忘れて、思わず長湯してしまうところでした。

寒気がするということは、身体の免疫機能が働き始めた証拠。
お風呂けら上がったあとは、湯冷めしないようにインナーを重ね着するなどして、汗をたっぷりかくようにして、布団へゴーです。

わたしと同じく風邪ひきの方、ご自愛くださいませ。
それでは今日は、もう休みます !
おやすみなさいー。

スポンサーリンク
美容・健康
スポンサーリンク
かおりをフォローする
えぶりでいはっぴねす.com