スポンサーリンク

出会いのチャンスを前にすると腰が重くなる心理

ハートにキスする女の子

職場の同僚から、紹介の話がありました。
今現在、気になる人や好きな人もいないし、彼もいません。
同僚からの紹介は普通に考えて、新たな出会いのチャンスと言えるでしょう。

でも、どうしても乗り気になれません。
普通の女性なら、つき合う、つき合わないは別として、とりあえず会ってみようかなと考えると思うのですが………

ここでタチが悪いなと感じるには、それなりに結婚願望もあれば、彼が欲しいと思っていることです。
そう思っている割に、出会いのチャンスを前にすると怖じ気づいてしまう………
自分で自分がわかりません。

スポンサーリンク

その恋愛や結婚願望は本物 ?

それなりに結婚願望もあれば、彼氏が欲しい願望は確かにあります。
彼氏については 10 代の頃からです。
でも、一度も彼氏ができたことはないんですよねー。

ありがたいことに、こんなわたしに好意を向けてくれた男性はいました。
ですが、実際に出会いのチャンスが目の前までやってくると、なにかと理由をつけてはチャンスを潰してしまうという悪癖が………

引き寄せの法則的に言うなら、アクセルとブレーキを同時に踏んでいる状態。
これでは、恋愛も結婚も引き寄せられません。
そうわかっていても、恋愛から遠ざかる行動はやめられないんです。

こんな状態なので、彼氏いない歴 = 年齢を更新し続けてしまう羽目に………
自力でどうにかできる問題とは思えないので、専門家の手を借りる必要があるのかなと
思いつつ、行動には移せないでいます。
ここまで来ると、わたしの恋愛や結婚に関する願望は、本心からのものではないのかもしれません。

結婚適齢期は自分が結婚したいとき

20 代の頃は積極的に出会い系や結婚相談所に登録して、それなりに出会いを求めてはいたんですけど、活動らしい活動は一度もしないまま、結局は退会しちゃいました。
登録していた 2 年間分のお金がもったいなかった………

出会い系と結婚相談所には 20 代前半に登録していたのですが、男性からの申し込みは想像していた以上にすごかったです。
やっぱり、結婚市場では若いって本当に有利。

その若さという武器を有効活用できなかったのは、上記にも書いてあるように、好意を向けられると逃げ腰になってしまう悪癖があることと、読む気も失せる長文のメールに
うんざりしたからです。

わたしも、律儀に長文メールの質問にすべて答えていたのも悪かったと思います。
電話か直接対面で話すような、重い感じの質問もありましたからね………
クタクタになりながら長文メールの質問に答えて一息ついていたら、また次に送られてきたメールも長文で、答えにくい質問ばかり。

こんなことが続いたので、ネットでの婚活・恋活にはうんざりしちゃいました。
以上の経験から、出会いを求めて行動すること自体、わたしにとっては強いストレスになるのだと気づきました。

無理は禁物。
自分の本心を無視して出会いを求めても、幸せになるどころか逆に不幸になると思うんですよね。

・独身だと思っていたら、実は既婚者だった

・何人も彼女がいるような不実な人だった

・モラハラ男だった

・経歴詐称していた

………etc.

出会い云々はひとまず横に置いておいて、一人でも充実した時間を過ごせるようになることが、今のわたしの課題かもしれません。
自分で自分を幸せにできたその先に、恋愛や結婚が待っているような気がします。
たとえ生涯独身だとしても、自分で自分を幸せにできているなら、なにも問題はないと思いました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする