スポンサーリンク

どんなブログが読まれるのか ?

ノートパソコンはライターの必需品

ブログ運営をされている方はいらっしゃいますか ?
また、そのブログのテーマは決まっているでしょうか ?

スポンサーリンク

ブログ運営に自信を失いかけている

当ブログのジャンルはなにかというと、雑多ブログまたは日記ブログに区分されるかと思います。
基本的にわたしが気になったことや、好きなものについて語っているからです。
人になにか語れるほど博識でもないので、専門的なブログはまず無理。

それでも、ただの日記にならないように、ちょっとでも訪問してくださる方が楽しめるような記事や、参考になるような記事を意識して更新を続けてきたつもりです。

でも、ふと思ったんです。
わたしの書いた記事は、読者の方が楽しませることができているのか。
はたまた、ちょっとでも参考になっているのかと………

この記事は、独りよがりになっていないだろうか、読者を不愉快にさせていないかと、思えば思うほどパソコンの前で手が止まること多いです。
つまるところ、今の方向性で間違っていないか、不安になっているんですよね。

人気のあるブログは、読者に読まれるためのエッセンスが豊富です。
その秘密はなんだろう ? と初心者ブロガー向けのサイトを巡ってみました。

読まれるブログの定義

①読者への気配りがある
初めて訪れてくれた読者に対して不親切仕様のブログですと、記事を読んでもらえなくなってしまいます。
ちなみに気配りとは………

あれこれ気を使うこと、配慮という意味です。
引用:goo辞書

自分のことを書く場合、前もって情報提示しておく必要がありますし、好きなゲームやマンガを記事にするときは、ファンの間では通じることでも、そうではない方には意味不明に感じる可能性が………

一般的ではない言葉の多用は、不親切仕様ということですね。
理想は、誰が読んでも通じる言葉で書くことでしょうか ?

②読者にストレスを与えない
改行が少ない、句読点が少ない、一行が長い、話言葉で書いているなど、読み手を無視した文章は読みにくく、地味にストレスになります。
あと、誤字脱字も気になります。

たしかにわたし自身、文字がびっしり詰まったブログを開いたら、目を通す前に閉じてしまいますね………
誤字脱字も見つけるのが得意なので、とても気になってしまいます。
句読点も多すぎず、少なすぎずが理想ですね。
この辺りは声に出して推敲すると、自然とちょうどいい句読点を打てる気がします。

焦らず今できることから

こんなことを言ってしまうと身も蓋もありませんが、良質な内容の記事を書くことは、一朝一夕で身につくスキルではないですよね。
では、どうするか。

今できることを、コツコツ継続していくこと………これに尽きると思いました。
少なくとも、読みやすい文章を書くことは今からできることです。
あと、一般的な言葉で書くことや、誤字脱字を減らすことも今できること。

本を出版するような、大人気のブロガーを目指しているわけではないものの、こうしてブログを運営しているからには、わたしも読者の方と交流してみたいです。
まだアクセス数も少ないペーペーですけど………

来年の今頃には、アクセス数がぐんぐん伸びているといいなーと思いました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする