スポンサーリンク

とっても簡単 ! 途中で味見できないものの味を確かめる方法

メニューを考える女性10

煮物や和え物の味見は簡単。
でも、ハンバーグや餃子のたねなど、生肉だから味見できないものってありますよね。
それを解決する方法を見つけました !

その方法とは、少量のたねを電子レンジやフライパンで加熱するです。
たったこれだけ。

餃子やメンチカツのたねは、電子レンジで加熱。
ハンバーグはフライパンで焼くことで、仕上がりに近い状態で味の予想ができるそう。

この方法は、レタスクラブのダイジェスト版 2017 年 2 月号に掲載されていました。
レタスクラブを読んだとき、この発想はなかったなーと、目からウロコがポロポロ。

なぜなら、ハンバーグや餃子のたねの味見をするという考えがなかったからです。
一応、たねに味つけはしていますが、焼いたあとにデミグラスソースや、味ぽんなどをかけて食べるので、あまり重要視していなかったんですよね。
なので、世のお母さんたちは市販品に頼らず、きちんと自分流のレシピで下味をつけて調理しているんだーと、二度びっくり。

わたしは昔から、市販されているハンバーグの素や、餃子のたね専用の合わせ調味料を下味に使っているため、焼く前のたねを味見する必要性がありませんでした。

おまけに、食べるのは作った本人であるわたしだけ。
上手に作れても、失敗しても、誰にも文句は言われません。
心の中で『うわー、失敗したー』と思うくらい。

自分流のレシピでハンバーグや餃子のたねに下味をつけていて、その味見をしたかったけど、やり方がわからなかったそこのあなた !
電子レンジとフライパンを使えば、仕上がりに近い状態の味を確かめられますよ。
ぜひ、お試しください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク