スポンサーリンク

思いもよらない引き寄せ体験

社内プレゼンが通って超喜びスーツ姿の女性
スポンサーリンク

驚きの引き寄せ

引き寄せの法則を改めて学び直しつつ、簡単な引き寄せ実験も同時に行っています。

その結果をブログで報告できたらなーと思っていたのですが、わたし……引き寄せちゃいました!

実を言うと、引き寄せの法則や潜在意識について、気兼ねなく話せる人はわたしの周囲にはいません。

いくらわたしが思考は現実化するんだよ!と熱弁したところで、潜在意識を知らない人からすると

『( ゜Д ゜)ハァ? 』

となりますよね・・・

語彙力がないせいで、上手く周囲に説明できないんですよね。

とりあえずこれ読んで!と『ザ・シークレット』を渡したところで、興味のない人はまず読みません。

下手したらオカルトや変な宗教にハマっていると思われて敬遠されてしまいます。

ただでさえ友達が少ないのに、更に少なくなるのはイヤアアアア!

なので一人寂しく本や引き寄せ関連のまとめサイトやブログを読んだり、こっそりリストアップやイメージングをしてはニヤニヤしてました。

実は身近にいた引き寄せ仲間

とあるきっかけで職場の同僚と出かけたのですが、そこで同僚が潜在意識や心屋さんの本を読んでいることを聞いたのです!

同僚と働き始めたのは3年前で、今回のように出かけたのは地元で行われたお祭りが初めてです。

職場でも休憩が被れば会話をする程度で、休みを合わせてまで一緒に出かけるほどの交流は今までなかったため、目には見えないなにかがわたしと同僚を引き合わせてくれたのかなーと思いました(ちなみに同僚は女性です)

今までのわたしだったら、あまり交流がない相手──それも断る口実を考えるのも面倒に感じるような職場の同僚と休日に二人きりで出かける気にはならないのですが、今回は割と乗り気だったんですよね。

この心境の変化も、自分自身のことながら驚いてます。

なぜ引き寄せ仲間を引き寄せられたのか?

引き寄せの法則について話せる相手がいたらいいのになーと、漠然とした願望は以前からありました。

だけど絶対に引き寄せたいとも思っていませんでした。

恐らく色を変えた部分が肝かな、と思います。

引き寄せ仲間がいれば楽しいだろうけど、別にいなくても問題はないし、今までも1人で本やブログを読んだり、アファメーションなどを実践していたため、叶っても叶わなくても構わないという心境でした。

これが俗に言う願望に執着がない状態、もしくは願望を手放している状態なのではないでしょか?

今回の記事がなにかのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする