スポンサーリンク

キレイな髪の秘訣 洗い方を変えるだけで髪はキレイになる

芯からなめらか、髪本来のうるおいへ

ありがたいことに、周囲の人から髪がキレイだと褒められることがあります。
現在はカラーリングをしていないことと、パーマを人生で一度もかけていないことが、髪の傷みが少ない理由。

ヘアケアと言えるほど熱心にケアは行っていませんが、髪や頭の洗い方には自分なりに気を遣っています。
基本的にめんどくさがり屋なわたしが、髪や頭を洗う際に気をつけていることをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

髪を洗う前の準備が大事

キレイな髪を維持する秘訣として、よく挙げられているのは、髪を洗う前の準備です。
髪を濡らす前に、まずは髪のブラッシングを丁寧に行いましょう !

やってしまいがちなのは、頭頂部から毛先に向かって櫛を通すこと。
これだと、途中で絡まった髪で櫛が引っかかってしまうので、髪が痛んでしまいます。
なので、髪の絡まりをほぐしていくように、毛先から優しく梳かしていく。
徐々に櫛を通す範囲を広げつつ、髪の絡まりをほぐすと、最終的に頭頂部から毛先まで滑らかな指通りになります。
ここまで来ると、櫛と櫛の間には埃やゴミがついているはず。
この段階まで来たら、ようやく髪を濡らしていきます。

頭皮までしっかり濡らすことが大事

シャンプーを泡立てる前に、予洗いしてます。
髪の表面を、ちょっと濡らす程度では足りません。

美容室でシャンプーしてもらうときを思い出していただきたいのですが、美容師さんが髪を洗ってくれるとき、髪と頭皮がびっちゃびちゃになるくらい、お湯でしっかり洗い流してくれますよね ?
これが、とっても大事。
この予洗いで、頭皮や髪の汚れの大半が落ちると言われているからです。

大体 5 分ほど予洗いすれば、皮脂や汚れが落ちているとのこと。

髪を洗うのではなく、頭皮を洗う

頭を洗う目的は、頭皮の余分な皮脂や汚れを洗い流すこと。
シャンプーを手に取ったら、髪ではなく頭皮を揉むように洗います。

爪は立てず、指でぐわしぐわしと頭の皮を揉むと、とても気持ちがいいですよー。
頭皮が柔らかいと、顔のリフトアップにも繋がるそうなので真剣です。
前頭部から後頭部にかけて頭皮をマッサージしたら、余った泡で髪をササーッと撫でるくらいで終わり。
あとはシャンプーを洗い流しているときに、特になにもしなくてもキレイになります。

コンディショナーは毛先だけ

トリートメントを使っていないので、シャンプーを洗い流したあとは、時間を置かずにコンディショナーをつけています。
このとき、コンディショナーが頭皮につかないよう、十分に気をつけてください。

シャンプーは、皮脂などの汚れを落とすもの。
コンディショナーは、髪がパサつかないように保護するもの。
髪のキューティクルを包んでしまうので、頭皮を洗ったことがムダになるのです。

トリートメントは時間を置くことで髪に栄養を与えるものですが、コンディショナーは髪を酸性から中和するためのものなので、時間をかけずに洗い流してしまいましょう。

終わりに

普段から自分がやっていることを書き出してみましたが、意外に手順が多かったです。基本的にズボラーなので、上記のことをすべて行っても 10 分もかからないくらい。

①髪を濡らす前に、丁寧にブラッシングする
②予洗いはしっかりと
③髪ではなく、頭皮を揉むように洗うこと
④コンディショナーは毛先だけ

これらを守れば、天使の輪ができるようなツヤツヤの髪になりますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする