スポンサーリンク

ヒールの高い靴が苦手だけど、履けそうな靴を発見

パンプス 1

10 センチ以上の細いハイヒールや、ピンヒールを颯爽と履きこなす女性。
とても素敵ですよね。

でも、わたしはヒールの高い靴が昔から苦手です。

その理由は、外反母趾とは言えないものの、親指の付け根(母趾球部)が出ているから。足幅に合う靴を探せばいいのでしょうが、既製品ではなかなか見つからず……
オーダーメイドするほど、ハイヒールに強い思い入れのないわたしは、ぺったんこ靴やスニーカーをメインに使用し、冠婚葬祭ではヒールが低いパンプスを履いています。

この先ずっと、ヒールの高い靴とは、無縁なんだろなーと思っていた矢先、ハニーズでちょっとだけヒールが高めのパンプスを見つけたのです !!

スポンサーリンク

探せば合う靴は見つかる

スタンプが溜まったハニーズのメンバーズカードを見つけたので、掘り出し物がないか見に行きました。
ハニーズはお手頃な価格のため、仕事時に履いていくジーンズをよく購入してます。
ここで出勤用のリュックだったり、アウターを買うことも。

今回も、出勤するときに着ていくアウターを探しに行ったんですけど、アウターよりもパンプスを見つけちゃいました。

パンプス 1

色は白のほかに、パステルピンクもありました。
わたしがチョイスしたのは、どんな服にも合わせやすいと思われる白。
汚れが目立つし、お手入れも大変そうですが、一目で気に入ってしまって……

なにより、そこそこ高め(測ってみたら 5 センチ)なのに、しっかりした太いヒール。

パンプス 2

ハイヒールを敬遠する理由のひとつとして、安定感がないことも挙げられます。
どこに重心を置いていいのか、わからないんですよね。

靴屋さんで興味本位で試し履きすると、まるで生まれたての小鹿状態に。

安心して歩けるという安定感が、購入する決め手となりました。
色はともかく、太いヒールはオシャレじゃないかもしれませんが……

無理は禁物

オシャレは我慢とは言いますが、やはり無理は禁物です。

合わないハイヒールを履き続けることで、外反母趾や腰痛、膝痛といった身体の不調に見舞われることも。
そのほかに、道の小さな溝などにヒールが引っかかり、転倒する危険性もあります。

ハイヒールを履くときは、長時間の徒歩での移動はできるだけ避けたほうが無難です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする